WordPressの入門編を書き始めました!


WordPressの入門編を書き始めました!

 いや、これは無料レポートの話です。(笑)

 

 

WordPressに触れ始めて1年にもなるのに、

未だ完全制覇には程遠いのです。(苦笑)

 

それでも大分解ってきました。

 

 たかがブログ作成用アプリですよね。(汗)

 

要するに日本語の解説書で、日本人に解りやすい

ものが見当たりません。

 

いや、実際にはそのような解説書があるけれど、

私が知らないのかも知れませんね。(苦笑)

 

WordPressが何故難しく感じるか?

それはブログを作る手順が、米国人の思考で作られているからです。

つまり日本人の思考パターンと違うのです。

 

WordPressの根本の考え方について、

分かりやすい解説がほとんど無いように思うのです。

 

だから初心者である私の悪銭苦闘を語って書けば

よき解説書になるのでは・・と言うわけです。(笑)

 

ポイントは次の2つだと思っていて、

この2つを押さえれば、「何だ、そうだったのか」という

気持ちになりますよ、きっと・・。

 

それはこの2つです。

1・カテゴリー

2・プラグイン

 

まず、カテゴリーについて述べますね。

 

これを作った開発者は

実に柔軟な思考が出来る人です。(笑)

 

そして情報の整理学に長けていますね。

 

あらゆる情報を顧客の意志で、自由に情報整理出来るように

柔軟に設計されていますね。

 

日本人だと四角四面に考えますから、

最初からツリー構造のメニューを準備するでしょうね。

 

 

しかし、彼は、あらゆる情報、

つまり日々書き込む記事であったり

自分の信条やプロフィールなどの固定情報であったり、

多々ありますが、これらを全部並列に扱っていますね。

 

 

但し、11つの情報に分類用のカテゴリーを付けさせています。

 

 

このカテゴリーが増えていく情報の全てを整理するキーワードに

使っていますね。

 

そして情報が増えていくと、

並列に並んだのでは整理が付きませんから、

メニューが要りますね。

 

多くの情報を整理して、画面上に表示するには、

メニューが定義できるよう準備されていますが、

その中で、カテゴリーを見事に活用しています。

 

固定的な情報は、最初から固定ページとして定義できるように

なっています。

 

そのメニュー表示を補完的に定義する場所が

ウイジエットで行うようです。

 

WordPressに向き合うなら、

必ず自分の作るブログを設計しておいて、

自分の設計をWordPress上でどう定義するか、

この問題意識で取り組めば、簡単に理解できると思います。

 

 

極論すれば、

カテゴリーをきちんと整理して定義しておけば、

最初から記事を入力していきながら、

メニューの定義は後追いで作っていく、

こんな作り方も出来ますね。

 

 

しかし、やはり肝心の部分はプラグインの中味への理解でしょうね。

 

やはりすごいと思うのは、プラグインという場所を設けて、

よい機能をもったプログラムを広く募集して、

このプラグインから登録出来るようにしてあることです。

 

特定の人数でアプリを開発するには限界があります。

世の中に広く知見を求めて、誰でもよりよい機能のアプリを開発して、

wordpressに追加登録出来るようにしてあるのです。

 

だからこそ、wordpressが世界標準になるのでしょうね。

 

従って、極めて頻繁にバージョンアップがなされている点も

wordpressの特徴であり、理解できます。

 

だから常に進化しているのがwordpressだと言えますね。

 

このプラグインだけは、初心者が、

最初から自分で選択し定義するのはむつかしいので、

先輩のお勧めに従って、先ずは定義しておき、

徐々に学んでいく方法しかありえませんね。

 

WordPressはご承知のように、レンタルサーバーを借りて、

独自ドメインを取得した上で、WordPressをインストールします。

 

 この環境で初めてWordPressが使えるのです。

 

誰かに削除されたりするリスクは一切ありませんから

長期的にネットビジネスに取る組まれるなら、

WordPressは絶対にお勧めです。

 

 ご健闘祈ってます。

WordPress定義の概要がやっと掴めました!


WordPressの概要がやっと掴めました!(笑)

 

毎日取り組んで居たわけではありませんが、

当初の拒否反応がなくなりました。

 

 

つまり、WordPressには聞き慣れない概念の単語が

幾つもありますよね。(笑)

 

・ダッシュボード

・ウイジェット

・プラグイン

・カテゴリー

などなど、

 

これらの単語が拒否反応を生んでいました。(笑)

やっと慣れてきました。

 

日本の無料ブログが出来合の固定的な構造の

作りになっている事からすれば、

かなり自由に設定が出来る構造なので、

新しい概念が出てくるのはやむを得ませんね。(笑)

 

 

何分WordPressのガイダンスを見ていると、

各論の定義の仕方の解説になっていて、

骨格の部分の解説が少ないですよね。

 

私は、オリンピックの開会式のイメージから

カテゴリーの意味が分かったのですよ。(笑)

 

 

1万人が一堂に集まった時、どんなイメージになりますか?

とても1万人をどう制御すれば良いのか、

戸惑いますよね。

 

 

そこで1万人が1万件の情報だと仮定して、

その情報に出合ったと仮定してみると、

ある程度分類しなければ、収拾がつきません。

 

だからカテゴリーが、しかも多重構造の形で必要なのです。

国別のプラカードや衣装みたいなものです。

 

WordPressの中のカテゴリーは、

ランク付けが出来るようになっていて、

親子関係を簡単に定義できると言うわけです。

 

 

それらカテゴリーが付された1万件のデーターを

整理して分類するために、ツリー構造のつながりを付けます。

 

つまりカテゴリー別に整列させるわけです。

 

 

これを定義するのがメニューであり、

画面の中の配置を定義するのがウイジェットという仕掛けです。

 

 

もちろん画像の機能も準備されています。

 

メデイアという名前で画像を取り込んで、

各記事に設定が出来ますが、日本の無料ブログほどの

自由度は無いかも知れませんね。

 

 

細かい使い勝手の良いようにする為の沢山のプログラムは

すべてプラグインで準備されており、

必要なプログラムを選んで定義すれば、

一層使い勝手が良くなるという仕掛けです。

 

 

このプラグインは3000件もあると言われていますが、

せいぜい30~50ほどのプラグインで十分かと思われます。

 

 

他の方はどうだか存じませんが、私は全体像を把握して、

次に、その骨格を頭に入れておかないと、

いきなり詳細な定義の解説をされたのでは、

全く理解できないのです。(汗)

 

 

この大きなWordPressの作り方の骨格が理解できれば、

あとは各論の細かい定義を覚えればいいので、

思ったほどWordPressは難しくはないように思います。

 

 

WordPressでブログを作るには、

全体の情報の中味をどのように整理するのか、

設計しておくことが大事です。

 

 

そしてカテゴリーを事前に作って準備しておいて、

1つ1つの記事に必ずカテゴリーを付けること、

そのカテゴリーの付いた情報を、どのように見せるのか、

デザインを設計していてから、WordPressに向き合うことですね。

 

 

しかし、かなり自由度がありますから、

実際に作りながらも、自由に変更を加えていくことも可能です。

 

つまり試行錯誤は自由にできますから、

作りながら変更を加えていくことも可能です。

 

あとは、画像処理を上手くやれば、

自前で、できばえの良いWordPressブログが出来ますよ。

 

 

WordPressは、レンタルサーバーを契約して、

独自ドメインを作って、その中にWordPressをインストールし、

初めてWordPressを使える事になります。

 

独自ドメインを取得しますから、この中に作ったあなたのサイトは

誰からも削除されたりするリスクはなくなります。

 

 

アメブロの恐怖の削除リスクから完璧に脱することが

出来るので、長期にネットビジネスを仕掛けるには、

WordPressでのサイトを準備するのがよろしいかと思います。

 

是非、WordPressにトライされて下さい。

 

 70代の私にも出来たのですから、恐るるに足りません。(笑)

 

 ご健闘祈ってます。

WordPressを学んで分かってきたこと!


WordPressを学んで分かってきたことがあります。

 

何だ!

結局そう言うことだったんだ!

 

そんな印象ですね。(笑)

 

 

学校の校庭に1万人の人間が集まってきました。

さて、この皆さんをどう見れば良いでしょうか?

 

 

これをオリンピックの開会式だとみれば、

どうですか?

 

するとよく見た光景ですよね。(笑)

 

 

すでに国別にプラカードが先頭に立って、

各国の選手団は、それぞれのお国柄のユニフォームを

着ていますから、直ぐに分別(失礼)出来ますよね。(笑)

 

 

 

これが情報だとどうでしょうか?

 

国別であったり、ユニフォームであったり、

これはカテゴリーですよね。

 

ブログで、記事が次々に書かれていきます。

 

明らかに書く立場では、

意味をもって伝えようとしていますよね。

 

 情報を整然と整理して、

提案することは大変重要になります。

 

 

そのブログを、

如何に分かりやすくデザインできるか、

これをアプリで答えようとしているのが、

ブログ・プロバイダーですね。

 

そして無料のブログアプリであるwordpressもと言うわけです。

 

 

そのように先ず情報整理機能を最大限にしょうと、

開発されたアプリがwordpressだと認識して、

改めてwordpressの解説動画を見ると、

なるほどと、よく見える感じになりました。(笑)

 

 

先日、世の中はツリー構造が多いとブログに書きました。

 

 

行政も、企業も、学校も、ツリー構造で出来ていますよね。(笑)

 

それが分かりやすいのです。

人間の認識の構造が、そうなっているんでしょうね。

 

ブログなどのサイトは、その基本的な情報の整理の仕方を

メニューで表示しますよね。

 

そのメニュー体系は、どのサイトも大筋は同じです。

 

 

それを創り上げるためにwordpressでは、

固定ページには固定情報を定義し、

その他の情報をカテゴリーで分別をしておいて、

メニューを作る際には、固定ページもカテゴリーも並列で

表記できる形式を取っていますね。

 

 

そして情報は、増えていきますから、

当然新しいカテゴリーも増えるかも知れない。

 

 

カテゴリーが増えても、いつでもそのカテゴリーを

メニュー体系に追加も出来るし、

そういう可変的な要素にも、見事に対応出来ています。

 

 

この自由さは、さすがに無料ブログでは、無理ですね。

 

画像の扱いも含めて、学んでおけば、wordpressを活用して

自分のオリジナルブログが、なんだか自由に出来そうです。

 

  このサイトがお役に立つと思います。

 http://ameblo.jp/ah-echorise   

ご健闘祈ってます。

 

★□★勇気を貰える世界の名言★□★ 

人生あまり難しく考えなさんな!

暗かったら窓を開けろ、光がさしてくる。 

by 中村天風(思想家・実業家・日本初のヨガ行者)

WordPressをマスターする気なら!


WordPressをマスターする気なら、

いや、何のアプリでも同じですが、

先ず、自分の作りたいイメージを持って取り組まないと、

マスターするのは難しいです。 

 

 つまり、自分で作りたいブログのイメージを固めて、

それをWordPressで定義するには、どうするのか?

という問題意識をもって、

解説を読んだほうが良いでしょうね。

 

  最近はyoutube動画で解説されていますから

一昔前の、マニュアルを読んで理解するという手順は、

古くなりました。  (笑)

 

だからWordPressの解説動画も、

実に良く出来ていてその通り順を追えば、

分かるはずです。 

 

ただ、手順は分かっても「何の為に?」の疑問形が

必ず残るのです。

 

 ??

と思うでしょう? 

この「分かるはず」がくせ者です。(笑)

 

説明する方は、Wordpressを熟知しています。

だから【読者は、分かっているはず】と勝手に思っている

そんな部分が必ずあるのです。

 

 私の勉強の仕方を説明しますね。 

 

WordPressの解説動画を画面に出します。

同時に、もう一つWordPressの自分の試作中のブログも

画面に呼び出します。

 

  WordPressの解説動画を順の追いながらも

途中でストップさせ、自分のWordPress試作ブログを

同じようにやってみるのです。

 

こんな具合にパラレルで解説の1つ1つを確認しています。 

 

 問題は、同じように作業していても、

結果が同じにならないこともあるのです。 

 

 そんな場面では、得てして動画の解説が、

手順を追う解説に集中していて、

一体何の目的でその定義をするのか、

という疑問に答える部分が欠落しています。  

 

そうです、ここが肝心なのです。

 

自分で考える局面が、まさにこの場面なのです。

 

何故?

何の為に?

この疑問形で感じることが大事で、

このプロセスがないまま、解説の通り終わりました・・では、

自分の身に付かないことが多いですよ。

 

  自分の作りたいブログのデザインを完成させるために、

WordPressを勉強しているのですから、

自分で作れる手順を理解できるまで、

頑張るしかないですね。 

 

『読書百遍(ひゃっぺん)意(い)自(おの)ずから通ず』

 

 最近は聞かれなくなりましたが、

よく言われた言葉です。

 

昔は、論語などの文献が教科書でしたからね。

 その時には、このことわざが似合いますね。

 

 この意味は、文意の通じないところのある書物も、

百遍も繰り返して熟読すれば自然に明らかになる。 

 

乱読を戒(いまし)め、熟読が肝心であると説いた言葉です。 

 

これを今に例えるなら動画を何度でも徹底して見る、

と言うことですね。  

 

凡事徹底です。

 

このサイトがお役に立つと思います。

 http://ameblo.jp/ah-echorise   

 

ご健闘祈ってます。

 

★□★勇気を貰える世界の名言★□★

 人を信じよ、

その百倍も自分を信じよ 。

 

by 手塚治虫(漫画家) 

ノウハウを伝える事の難しさ!wordpressの解説は枝葉末節しかない!


WordPressと格闘しています。 (笑)

 

このブログ作成アプリは、

世界的に広く使われて居るそうですが、

やはり奥行きが深いですね。(笑)

 

  構造も極めて可変長というか、

どうでも自由に作成出来るようになっているようです。

 

  プラグインという概念で、

自由に追加機能を補充できるところが何ともすごいです。 

 

 このように記載すると、

いかにも完全制覇したごとく感じるかもしれません。(笑)

 

  いやはや、まだまだ入り口に居るのですが、

もともとbasicでプログラミングを覚えてきた自分には、

WordPressには、何とも破天荒な印象を受けるのです。  

 

個々の解説動画を見る限り、

至って簡単に手順を示してくれるので、

分かった気になるのですが、

実際には分かっていないのです。(汗)  

 

つまりです。 

WordPressの枝葉の説明は入念にあるのですが、

大きな骨格の部分の体系的な解説がどこにも無いですね。  

 

人間の思考は、いきなり枝葉を説明されても、

体系的な理解が出来ないのです。  

 

これは私だけ?  

そんなことは無いでしょう。  

 

この2日ほど、メニューの定義について学んでいます。 

 

「外観」⇒「メニュー」で完成かと思ったら、

もう一つ「固定ページ」の定義があり、

こんがらがっていました。 

 

 しかし、やっと見えてきました。(笑)  

 

ウイジェットの定義によって、

画面がフレキシブルに定義出来たり、

メニューも定義画面で、ずらせるだけで、

親子関係が設定できたり、

いやはや、よく考えられていますね。(笑)

 

  まだゴールは近づいていません。(汗)

 

 ノウハウを伝える事の難しさ!wordpressの解説は枝葉末節しかない!

というタイトルにしましたが、

少なくもwordpressの解説は枝葉のものが多く、

体系的な解説にはお目にかかったいません。 

 

 そのうち、私が書きますからご期待下さい、(笑)

 

  次のプラグインを知りました。

 Serch Regex  

これは編集段階で、文字の置換ができないと思っていたら

このプラグインをつかえば、可能になるそうです。

 

 お試し下さい。    

 

ご健闘祈ってます。

 

★□★勇気を貰える世界の名言★□★ 

勝つことばかり知りて

負けること知らざれば、

害その身に至る 

by 徳川家康(戦国武将) 

プロフィール


高知県出身、社会人として企業戦士として高度成長期を体験しました。後に、先輩と新規事業に参加、途中で仲間と独立したが、事業に失敗、現在は、農業法人を立ち上げ地域興し貢献しようと田舎で有機農業に従事しつつ、アフィリエイトに取り組んでいます。
詳しくは「プロフィール」からご覧ください。

最近の投稿