ネットで10年以上稼ぎ続けるには何が大事か?


ネットビジネスに挑戦した人たちには、

それなりに事情があるようです。

 

・単に副業から出発して、大成功した人

・生活に追われ、苦労の中でネットビジネスに賭けた人

・借金が半端なくて、やむなく成算がないまま

ネットビジネスに飛び込んで、大成功した人

 

いずれも人生の中で、安易に生活できていた人より

何らかのハンディを負ったまま、ネットの世界に飛び込んで

結果として成功した人が多いように感じます。

 

そうした成功者たちが一応に語っているのが、

「如何にすれば継続して稼げるか?」

これが最大の課題であったと言います。

 

だから成功した人たちの陰で、途中で頓挫した人も

結構多いはずです。

 

 

確かに、たまたまある商材が売れて100万円稼げた

こんな現象はよくある話です。

 

何故なら¥10,000の商材が100人に売れた・・

これはあり得るでしょうね。

 

何故ならネットの市場は全国ですから。

 

しかし、これが毎月継続できるか?が問題なのです。

 

 

こんなメールが来ていました。

 

非常に参考になる内容なので、

転記してお伝えします。

 

ネットで10年以上稼ぎ続けるには何が大事か?

について語っていると思います。

 

●インターネットで10年以上 安定して稼いでいる「あの人」に

●アナタも気になっているであろう テーマでインタビュー!

「ネットでお金を稼ぐために大切なのは

【 裏ワザ 】か【 正攻法 】か?」

 

「10年以上、稼ぎ続けるために 一番大切なことは?」

 

非常に重要なお話をしていますのでぜひご視聴ください!!!

 

▼インタビュー動画《前編》http://r31.smp.ne.jp/u/No/3850893/C1167cI2gCjD_103805/interview_hata_1.html

 

▼インタビュー動画《後編》http://r31.smp.ne.jp/u/No/3850893/KC1i3jI2gCjD_103805/interview_hata_2.html

 

※特に《後編》の動画は是非、是非、ご視聴ください

 

非常に重要なお話をしていますのでぜひご視聴ください!!!

 

又、レポート致します。

 

貴方の成功を、心から祈っています。

いつの世界も胴元こそが稼ぎ頭か?


最初にご紹介です。

 

■■証券会社の敏腕トレーダーが(注目New!!)

・証券会社で20年以上・トレーダーとして活躍した コレ。

 

活字にすると「ふーん・・・」と思うかもしれませんが、、、

トレーダーって利益を出せないとすぐクビになるわけで

それを「20年」続けたって凄いことだと思いませんか?

敏腕トレーダーが開発した【個人向け】週1投資

http://lastly-ex.com/L42070/be3013/1351 ↑

コツコツ型なのに【3年】で【3億円】・・・汗

■■あらゆる「リスク」が排除され・・・

ただただ「儲かるだけ」の究極のシステム  ↓ ↓ ↓

【船原式】ノーリスク&オート収益システム

http://lastly-ex.com/L42070/be3013/2351

絶対に「失敗したくない」方お金を「確実に」稼ぎたい方、必見です

==========================================

さて、本論です。

 

日本には家元制度という素晴らしいシステムがありますね。

茶道、華道、書道などなどの月謝制度が支える家元制度が

きちんとその組織の経済を支えているからこそ、

文化が継続しているんでしょうね。

 

ソフトウェアも経済が支えてこそ、枯れることなく永続するものです。

 

ローマ法王を頂点にしたキリスト教徒の什一献金制度が

今もキリスト教の維持発展を支えています。

 

日本の文明の景色の1つに社寺仏閣が沢山残っています。

 

日本の宗教界も同じような仕組みがあるからでしょうね。

 

弘法大師空海さんが作った四国八十八か所の

巡礼の旅制度は今も存続しています。

 

昨年が巡礼発祥から1200年に当たり、

その経済効果は1620億円だとか出ていました。

 

四国にその8割、1320億円が寄与するらしい。

 

四国に生まれたお接待文化が、この仕組みを支えています。

 

このような仕組みを作り上げることこそ、

財を成すためには究極の目標になるでしょうね。

 

伊勢神宮の20年遷宮制度も、

これを支える経済の仕組みが続いているからこそ、

今も造営する技術が維持されています。

 

これに失敗したら、後は廃墟になるのが文明の法則です。

 

ギリシャのパルテノン神殿もローマのコロシアムも、

いずれも物質的な塊が残っているだけ。

 

つまり日本式の経済の仕組みがなくなったんですね。

日本では文明の永続性を支えている経済の制度が維持されていること、

これが素晴らしいというべきでしょう。

 

ネット社会では、何と言っても検索エンジンを

持っているGoogle とYahooでしょうか。

 

この2社は、同じようなビジネスモデルを展開していますね。

Google のアドセンスとYahooのPPCと言うわけです。

 

Google は、広告料を企業に出させて、

1クリック¥〇〇という広告料をアフィリエイターに支払うことで、

企業の広告ニーズに応えています。

 

YahooのPPCは、広告料のコストをアフィリエイターに負担させて、

その代わり販売促進を側面から応援しています。

 

資金源は全く逆なのに、この2社は見事なマネタイズを作っていますね。

 

この2社は、ネットユーザーを囲い込むインフラを持っているからです。

 

日本の無料ブログのプロバイダーも規模は小さいけれど、

集めたアカウントの数が多いとちゃっかり広告スペースを

有料で貸し付けて稼いでいます。

 

ブログユーザーにはビジネスを禁じていながら

自分たちは、彼らのブログに広告を貼って、

稼いでいるという厚かましさ。

 

メルマガ読者さんも5万~20万人と集めたメンバーは

皆なアフィリエイトで稼いでいますよね。

 

リストを如何に集めるか、

これがネット社会のステイタスになりますね。

 

情報をもらう方ではなく、情報を発信する側に立てば、

様々な稼ぎ方ができてきます。

 

そのような風景を見てくると、

1日も早く、数を集めることが重要です。

 

PPCアフィリのサイトを数多くつくることも

稼ぐことに直結しています。

 

又、レポート致します。

 

貴方の成功を、心から祈っています。

外注さんを上手く活用していますか?


ネットビジネスは稼げるレベルに至るには、

かなりの準備が必要です。

 

単純に商材を紹介してコミッションを稼ぐという

いわゆるアフィリエイトですが、

仮に3~4万円を稼ぐというならそれほど難しくはありません。

 

自己アフィリエイトなどを活用すれば、

10万円以上の稼ぎが出来る可能性もあります。

 

たまたま稼げた・・ではなく、

継続して稼ぐという体制を作るには、

やはりそれなりに準備が要ります。

 

その準備にも、さまざまなものがあって、

力仕事の部分もありますよね。

 

その時に『外注』を頼んだことはありませんか?

何から何まで自分で取り組むことは素晴らしいことです。

 

しかし、ことは事業です。

 

世の中にはお互いヘルプし合う仕組みがあるのです。

 

以下の文章は、あるメルマガの記事ですが

大変勉強になったので、ご紹介します。

・・・・ここから・・・・

次の@SOHOというサイトにてキーワードの欄に

「記事作成」と入力して検索してみてください。

 

http://www.atsoho.com/jobinfo/search/

 

何件の検索結果が返ってきましたか?

少なくとも100件以上のお仕事募集情報が

出てきましたよね。

 

恐らく今日新規に募集されている件数だけでも

10件以上はあることと思います。

 

記事内容によっても差はありますが、

概ね600~1000文字の記事を書いて200円くらいの

報酬を出している所がほとんどではないでしょうか?

 

これらの依頼主は、ほぼ100%アフィリエイターです。

 

「1記事200円だと100記事書いてもらって

2万円かぁ・・・高いなぁ」

 

って思いましたか?

 

じゃぁ、なぜ1日10件以上もの新規募集が

上がって来るんだと思います?

 

それは儲かるからです。

 

依頼自分ひとりで書けば1日3記事くらいずつ

書いたとしても1ヶ月はかかりますが、

 

 

ブログへの集客は、記事の質が良ければもちろん

増えますが、人気を集めるような情報を毎日

見つけてくることは不可能ですよね。

 

なので、大した情報じゃなくても量さえあれば

そこそこ人は来ます。

 

そして分母が増えれば必然的に

分子も増えてくるものです。

 

そして自分が仕事しなくても外注さんが

せっせと仕事をしてくれるので

 

自動的にお金も入ってくるようになります。

 

あなたがもし、

外注化して自動的にでお金が入ってくる仕組みが

欲しければ

究極ソーシャルアフィリエイトの

ウェブセミナーを是非ご覧ください。

 

たった1週間で1日1万3734円稼いだ

「究極ソーシャルアフィリエイト」

http://ikemaz.com/sa

 

その他に外注先を探すには、クラウドワークスもあります。

https://crowdworks.jp/login

 

・・・・ここまで・・・・

このサイト、広い意味で結構勉強になります。

 

SEO対策や、リンクを貼って集客する裏技の情報も

参考になりますよ。

 

ご参照下さい。

 

貴方の成功を、心から祈っています。

与えて、与えて、与え続けること、これが秘訣です。


 

拙いですが最近youtubeにアップした作品を紹介します。

 

しかし、内容には自信を持ってます。(笑)

 

 

◆ネットビジネスには、テクニックでは割り切れない

精神性がある。

 

これは掃除をすることで上場企業を作り上げた

鍵山秀三郎氏の話です。

⇒ https://youtu.be/-TJ8hyqtG2A

 

◆近江商人が息子に商人道を教える映画

「てんびんの詩」を見れば、ネットビジネスの真髄が解る!

 

売手と買手の気持ちが一致しないと売上は生まれません。

その真髄を教えてくれます。

 

⇒ https://youtu.be/KdXHlXhJQaY

 

◆「洗面器の教え」と「利他の経営」と「お接待の原理」

先ず与えることからビジネスは始まります。

 

https://youtu.be/BXR-3SaStxw

 

 

特に「この与えよ、さらば与えられん」は、

全世界の文明で共通の原理ですね。

 

 

改めて驚きました。

 

キリスト教の聖書の中にもでてきますし、

あの弘法大師・空海も四国にお接待の文化を残しました。

 

そして四国には空海が伝えたという伝聞に、

「飢饉の時ほど、托鉢をするべし」

があります。

 

 

与えることで、経済が動いていくんですね。

 

 

昨年は四国八十八カ所お遍路が始まって

1200年の記念の年でした。

 

かつ閏年でもあり、この年には逆回りでお遍路をすると

御利益が増すと言われ、お遍路が増えるそうです。

 

 

そんな前提で昨年のお遍路の経済効果は何と

1650億円で、四国には1320億円の効果があったとか。

 

 

お接待は、お遍路さんに対するものでは無く、

御大師さんへの接待であり、お接待した方がますます栄えるという

訳です。

 

 

何とも凄いですよね。

弘法大師さんは、1200年昔にこの仕組みを作っています。

 

 

そのお陰で、多くの衆生が、救われていますね。

 

 

目先の利益に追われること無く、先ずは「利他の経営」をしよう

とは、稲盛和夫さんの経営指導の理念です。

 

ネットビジネスで、特にメルマガでは、徹底して読者さんに

有益な情報を与えて、与えて、与えまくるのが正攻法だと言います。

 

 

稼げない、稼げない・・と、嘆いているメルマガ配信者が居られたら

それこそ、読者さんに与えていないからではありませんか?(笑)

 

 

こんな内容を3本の動画にしました。

 

ご参照下さい。

 

貴方の成功を、心から祈っています。

結局サイトかメールしかないネットの世界


結局サイトかメールしかないネットの世界

こんな記事に出合いました。

考えて見たら、ネットで稼ぐとは、

結局はサイトを作るか、

メルマガを配信するか、

その両方をやるのか、

この3つの組み合わせしかありませんね。

 

両方やっても根本は2つしか無いと言うことです。

 

そう理解すれば、

次々と新しいビジネスモデルが着信しますが、

この基本的な理解さえしていれば、奇抜な稼ぎ方だと言っても、

上記の2つに分類されます。

 

つまり、表現を少し変えると、

「WEBサイト」と「Eメール」の2つです。

 

 

「WEBサイト」と

「Eメール」を制することは

インターネットビジネスを制することと同義である。

 

 

「それはちょっと言い過ぎでしょう?」

 

 

と思われるかもしれませんが、

この2つの稼ぎ方をマスターすれば、

インターネットで

自由自在に稼ぐことができることになる。

 

 

専門用語で、

・「PULL型メディア」

・「PUSH型メディア」

という言葉があるそうです。

 

 

PULL型メディアとは、WEBサイト。

つまり、ブログやホームページなど、

「待ちの媒体」を指します。

 

 

逆に、PUSH型メディアとはEメール。

メルマガやステップメールなどの

「攻めの媒体」を指します。

 

 

インターネットの媒体にはこの2つしかない。

 

 

戦国時代の合戦を想像して見て下さい。

 

 

城という「守り」と、

兵隊という「攻め」。

この2つを効果的に組み合わせることで

戦果をあげることができる。

 

 

「攻め」だけでもいけないし、

「待ち」だけでもいけない。

これは数千年前から変わっていません。

 

 

インターネットビジネスは現代の戦争だと言えます。

 

「攻めの媒体」と

「待ちの媒体」を

効果的に連動させること。

 

具体的には、

「ブログ」と「メルマガ」を

連動させた情報発信。

これが最大の影響力を発揮する仕組みだということ。

 

 

何だ、これって皆なやっていますよね。(笑)

 

 

ただ、ここまでは外見の話です。

 

 

内容が大事です。

 

 

ただ形だけ、ブログを書き、

メルマガも配信しているだけなら珍しくありません。

 

 

要は稼ぐことが目的です。

 

稼ぐには、メールとブログを

機能的に活用することが大事です。

 

 

特にこの2つの媒体がリンク出来ていますか?

 

メルマガにブログURLを貼っておく。

ブログにメルマガ購読のURLを貼っておく。

最低これだけは必要ですよね。

 

そうです、最低レベルの話です。(笑)

 

今はLP(ランデイングページ)を作るスキルが

重要で、特典を付けてメルマガ誘導づるには

欠かせないスキルです。

 

 

今は、SNSにも関心を払う必要があります。

 

特にYoutube動画の影響力は無視できません。

 

ブログとメールがシンプルな形ですが、

実際に稼げる仕掛けを作って行くには、

様々な工夫が要りますね。

 

学ぶことがエンドレスに続きますね。(笑)

 

 

しかし、その1つ1つが、

必ずマネタイズをするスキルとして

役立ってきますよ。

 

 

貴方の成功を、心から祈っています。

プロフィール


高知県出身、社会人として企業戦士として高度成長期を体験しました。後に、先輩と新規事業に参加、途中で仲間と独立したが、事業に失敗、現在は、農業法人を立ち上げ地域興し貢献しようと田舎で有機農業に従事しつつ、アフィリエイトに取り組んでいます。
詳しくは「プロフィール」からご覧ください。

最近の投稿