守破璃の功罪


守破璃の功罪の変なタイトルですが、

気になっていることを書きます。

 

 守破璃の意味は、すでにご存じの通りです。

 

 

闇夜に一筋の灯のような存在である「師匠」を決めたら、

とにかく「守」から始めます。

 

 

私の最初の師匠のコンサルに失敗した後に、

メルマガを学ぶべく、ある塾に弟子入した時の師匠です。

 

 

この塾で、実に懇切丁寧なカリキュラムに則って、

メルマガの基礎は教わりました。

 

 

しかし、稼ぐには至っていなかったのですが、

かなり希望が持てる位置にまで押し上げてくれたと、

感謝していました。

 

 

ところがです。

この師匠からの教えが、かなり心に刻まれていて、

当初、何の疑問もなく受け入れていたのですが、

守破璃の「守」から、「破璃」の領域に、

脱皮することの重要性を今痛感しています。

 

 

私は、元来が優等生タイプでして、師匠の後をひたすら

真面目に追いかけてきました。(笑)

 

無料レポートを作ってメルぞうに申請し、

仲間に紹介をもらい、ひたすらこれを繰り返して

読者さんを増やしてきました。

 

 

もちろん並行してメルマガを日々書き続けました。

 

そして1000人を超え、2000人を超えました。

1000人を超えたら無料オファーを・・と指導されていました。

 

つまり1000人になるまでは何のオファーもしない

いや、してはいけないと決めていました。

 

単純に「師匠」の教えの先には、必ず稼げるはず

という思い込みがありました。

 

そうです、こんな「形」だけ追い求めても

稼げるはずがなかったのです。

 

 

局面を打開するべく求めた、現在の師匠の下では

そんな枠組みなんぞ無関係に稼ぎ出している現実を見ました。

 

 

そこで初めて、最初の「師匠」の目標とすべき指標、

すなわち読者さん1000人を超えるまでは、

無慮オファーをしない・・という指標

これは何の意味もなかったと言うことです。

 

逆に、読者さんを増やすことに専念するように

という意味だったのかもしれません。

 

無料レポートを書いて申請するということは、

無料レポートを読んでくれた読者さんとの出会いを

作ってくれると言うことですよね。

 

 

私が一体何人の読者さんを集めているのかは、

個々の読者さんには無関係な情報です。

 

 

だから、仮に自分の読者さんが200名であっても、

その中に自分が提案したコンテンツに賛同する方は

少なくもゼロではない可能性があるのです。

 

 

確かに1000人集めれば、

200人よりも反応してくれる読者さんは

確率は高くなります。

 

 

読者さんの総数は、ただそれだけの意味しか無いですよね。

 

ネットビジネスは「商売」です。

顔の見えない中でご縁を結ぶビジネスです。

 

 

メルマガの読者さんが増え始めたら、遠慮無く、

自分のコンテンツを提案することが大事だと

しみじみと教えられました。

 

 

メルマガアフィリは稼ぐには最適だと、

成功した皆さんは一応におっしゃいますよね。

 

 

無料レポートの内容と、

メルマガの記事の内容から、

提案するコンテンツは、自ずと絞られます。

 

 

その読者さんに、

よいコンテンツを提案することには

何の遠慮も要らないのです。

 

 

読者数が1000人も居ないから、だとか、

そんな遠慮は全く必要ないことだと実感しました。

 

 

私のかっての師匠の「守」から、

やっと「璃」の心境になった次第です。

 

とにかく、読者さんからの信頼は絶対に必要ですから、

自分のブランデイングを高める努力は欠かせませんよ。(笑)

 

今日は、守破璃の功罪ということを申し上げました。

 

 間違った先入観は、全く不要です。 

 

頑張って行きましょう。

リスト収集の時に陥りやすい勘違い!


「リスト収集の時に陥りやすい勘違い」

について、書きます。

 

メルマガ読者さんを増やしたい・・

この思いは、みな同じですよね。  

 

私も日々読者さんの数が気になっていた時期がありました。  

 

確かに、メルマガを配信しているなかで、

クリックされる確率、つまりクリック率を見ていますと、

記事の内容にも依るでしょうが、2%前後の攻防だと思うのです。  

 

一生懸命に記事を書く割には、

読者さんのクリック率は多くはありません。(笑) 

 

 それは、自分を振り返って見て下さい。 

 

あなたは、 日々着信するメルマガの全部を読んでおられますか?

 

 自分が着信メールを読んでもいないのに、

他人様には自分のメールを読んで欲しい

というのは、欲張りと言うものです。(笑)

 

  だとすれば、メルマガ読者さんは、絶対数が多くないと、

売上を挙げるのは大変だと、気がつきますよね。 

 

 だから早く増やしたい・・となります。

 

  増やすには、無料レポートを量産するしかありません。

 

 そして、その無料レポートの紹介を他者に依頼することです。

 

  そこまでは、外見的に判断できますが、

やはり並行してやるべき作業は、先日も書きましたが

メルマガ読者さんを絞り込むことも重要です。

 

  そのために、メルマガを誰をイメージして書くのか、

ターゲッテイングと格好良く言うそうですが

これが大事になってきます。 

 

 例を挙げます。

ご承知のように、今、子供が相撲を目指すケースが

非常に少ないと言われています。 

 

 また、野球もサッカー熱に押されて少なくなっている

という説もありますね。

 

  サッカーの用具を売込みたいなら、

サッカー好きな生徒を集める方が良い訳です。 

 

 ネットビジネスも、結局メルマガで、

自分がどんな商売をするつもりか明確に意識して、

メルマガの記事を書いて、

それに共感する読者さんを集める、

これが最終目的はずなのです。

 

  無料レポートを量産して、

リストをたくさん集めたつもりでも実は半分以上は、

協賛でアドレスを登録していますから、

すぐに購読解除になってしまうのです。

 

  仮に、1000人の読者さんが確保出来たとしましょう。

 ここで、リストを集める努力を止めると、

その1000の数字は、どんどん減っていきます。 

 当たり前のことなのです。(笑) 

 

自分の欲しい情報が載っていないメルマガなど

誰も購読してくれるはずがありませんから。(笑) 

 

 従って、メルマガ読者さん増やすメカニズムを

よく理解して取り組む必要があります。

 

  無料レポートは、最初のグロスのリストを集める役割、

しかし、そのリストを濃縮していくのは、メルマガの記事の役割

その記事を効果的に書くためには、最初の目的、初志の役割なのです。 

 

 初志とは、貴方が一体何の商材を売るつもりか?と言うことです。

 

  インフォトップ社に登録して、

誰かのノウハウをアフィリエイトする手もあります。  

 

しかし、他人のノウハウなんぞ簡単には売れませんよ。(笑)  

 

「メルマガアフィリは稼ぎやすいよ」と言ってる先輩は、

ほぼ全員、稼ぎ方を教える塾か、個別のコンサル契約を売って稼いでいます。

 

  そうです、初志とは、「あなたのノウハウ」のことです。  

 

そのことをキチンと自覚して、

メルマガの記事を配信するべきなのです。

 

  もちろん教えるビジネスのジャンルは様々で良いのです。 

 

 折角読者さんを数千名集めたのに、

実績が出てこないというのは、 

自分のビジネスモデルを明確にしないで、

読者さんさえ集めれば稼げると言う勘違いをしている

ケースがほとんどです。  

 

稼ぐというのは、誰かのお役に経つと言うことがあって、

お役にたって初めてお金が貰えるわけです。  

 

それが曖昧なままでは、

結果も曖昧なままで終わります。

 

頑張って行きましょう。

 

ところで、マチュピチュってご存じですよね。

今や世界から観光客が押し寄せていますが、

この村の村長に日本人がなっていて、彼の働きで、

マチュピチュが観光地として脚光を浴びることに

なったのだそうです。

その感動のお話をどうぞ!

https://youtu.be/2Sb_tNASmtA

 

ネットで稼いで、是非行きましょう。

 

ご健闘祈ってます。

 

メルマガアフィリの中のブランデイング


ネットビジネスの通例として、
あくまで独立自尊で・・という方式は
途中で挫折することが多いと聞きます。


そこで、何らかのご縁で師匠を求めたり、
塾に加入して挑戦を続けますよね。


メルマガ読者さんもそこそこ集まってきて、
無料オファーを仕掛けたり、
有料商材をメルマガに貼ったりします。


しかし、そこで売上を創っているメンバーと
実績が全く出ないメンバーに分かれます。


この差は何か?

当たり前ですが、以下の2つが先ず考えられます。

1・それぞれの読者さんはセグメントされているのか
いないのか、全く条件が異なります。

2・それぞれのメルマガの内容が異なるので、
当然ながら教育の差がでてしまう。


もし、売上を上げるためのオファーするメルマガ内容を
全く同じにして配信したとしても

上記1,2の条件が異なる以上、
実績に差がでるのは当たり前です。


だから最後のステップメールのライテイングも大事だけれど、
日頃のメルマガの記事が、如何に中味の濃いものになっているか
重要ですね。


先日、お仲間の1人が月額110万円実績を出しました。

それはそれで素晴らしいことなのですが、
ネットビジネスの最も大事なことは、
「継続」なのです。


100万円超えが継続できるような仕掛けをする必要があるのです。

稼ぐというのは、たまたま稼げた・・では、
事業になりませんからね。


だからこそ、何よりも自分が取り組んで居るビジネスモデルが
継続して長期に稼げるような基盤を作れるかが大事です。


その意味では、農家が作物を植える前に、
土作りに最大の注意を払う様に似ていますよね。

魚の養殖も同じ視点が要るでしょうね。

目先のスキルも大事ですが、
ちょっと大きな視点で、事業全体を俯瞰してみて、

今自分がやるべきことは何か?

何を最優先にするべきなのか?

その処理する優先順位は何なのか?

この3点が見えておれば、苦労はありませんね。(笑)

 

そして自分自身のブランでイングを高めることに尽きますね、


闇雲に金額に目を奪われては、
的確な経営判断が鈍りますよ。


頑張って行きましょう。

ご健闘祈ってます。




★□★勇気を貰える世界の名言★□★

【数字にできないのが人間】

1+1=2 ではない

by 出光 佐三(出光石油創業者)

目に余るメルマガタイトル。サラ川柳のセンスは無理か?


yamato023

 メールマガの開封率は、

まさにタイトルにかかっています。 

 

 しかし、それにしてもひどいタイトルがあります。

  今に始まったことではないでしょうが、

唖然とするものがありますね。 

 

・【開封】ダメ。ゼッタイ。

・【閲覧厳禁】月100万円で満足できない方

・【朗報】あなたの借金帳消しにします

・極秘情報のお届け

・【消滅】25万円の自動収入は要らないのですか?

・必ず見ないと後悔します!!

・男の自信復活!スゴっ!たったこれだけで・・

・【注意】号泣必死。ハンカチをご用意下さい  

 

いやはや何とも言い様のないご苦労が推定されますね。(笑) 

もちろんこんなメールは逆効果もあるのではないでしょうか?

  明らかに売込み専用フレーズですよね。

 

 また、最近は、同じ日に同じタイトルのメルマガを

2通連続配信するのは結構ありますね。

 

  人間の視覚的には、面積の多い方が、

目立ちやすいのは事実でしょう。  

 

ただ極端な例は、2通ではなく6通連続して配信して、

尚且つ、翌日に「再」を付けて配信する人も居ます。

 

  これが印刷物なら、とんでもないゴミ配送に当るでしょうが、

電子情報は、物理的には邪魔にならないのでしょうか? 

 

 とんでもありません。  

受信した方は、必ず削除の手間がかりますよね。(笑) 

 

実際には、タイトルの中味は似て非なるものが多いはずです。

 

  先日発表になったサラリーマン川柳ですが、

こっちの方は、時代の風潮を反映していて面白いですね。 

yamato023
 

何でも39551句も集まったそうです。

 1位(大賞)

・「退職金 もらった瞬間 妻ドローン」(元自衛官 60歳)

これは秀作ですね。

 

 3・「キミだけは オレののものだよ マイナンバー」(マイナ 35歳)

これも言い得て妙の部類か。

 

 9・「ラインより 心に響く 置き手紙」(豆電球 60歳)

ある意味で時代を映していますね。

 

  言葉に心がこもっていますね。 

 小手先の何とか開封させたい思いも分かりますが

どうもメルマガタイトルに品位と質を求めては酷なのでしょうか? 

 

 メルマガは、正にライテイング勝負の世界なので、

熾烈な頭脳戦であることは分かりますが、

結果として詐欺まがいな内容のものが多い気がします。

 

  上記に列挙したメルマガ、

実は中味をしりません。(失礼)

 

  しかし、これを笑っていていられる身分でないことは

百も承知ではありますが・・。 

 

斉藤和也氏のメルマガにあった情報です。 

 

作業時間は1分。

最高時給は320万円。

 

最低年収は1200万円。

そんな手法があったら気になりませんか?

 それがこちらのビリオンハンティングという方法になります。

⇒ http://myasp-21.com/l/m/ZcJ6E8I0ZkKjG6

 

自己責任で覗いて見て下さい。  

 

頑張って行きましょう。 

ご健闘祈ってます。   

 

 ★□★勇気を貰える世界の名言★□★ 

 

【困難を乗り越えることで真の人間が出来る】 

艱難に磨かれたる人こそ

尊重すべき人間であり、

真に力のある人である。 

by 出光 佐三(出光石油創業者)

稼いだ金額よりも、どうして稼いだか?が大事です!


a801

いいとこ取りの実績報告!

これは当たり前の現象かも知れません。

 

最近、知り合いのネットビジネスマンが

12月に310万円を稼ぎました。  

 

正確には入金ベースの話ではなく、

コンサルの契約も含めての実績ですが、

先ずは素晴らしい成果ですね。 

 

 この情報はご本人から聞いていました。

 

  そしてその彼を指導した師匠も、

早速に教え子の月間310万円の成果を

自分のブログに記載しました。

 

  いずれも真実の実績ですから、

ウソ偽りはなく、

この事実をレポートして自らのブランデイングを

高めることは何ら違法ではありません。(笑)  

 

 ただ、何も知らないネットビジネスの挑戦者は

これをどう見るかです。

 

  マネタイズという部分の

真実の姿は書かれていません。

 

  ネットビジネスの実績とは、

物やサービスを販売する人がいて

物やサービスを買う人がいる時

売買が成立します。  

 

ネットビジネスを志向するメンバーは、

「稼ぐこと」が、最大の眼目なので

310万円稼いだことにのみ注目します。  

 

しかし、本当に注目すべきは幾ら稼いだか?よりも、

何の商材を、どのように売ったのか?

なのではないでしょうか?  

 

幾ら稼げるといっても、

アダルト関連の商材では私は腰が引けます。(笑)  

 

上記の310万円を稼いだという彼のマネタイズとは、

正にネットビジネスの手法を教える

コンサルとして稼いだ金額なのです。 

 

 A8ネットというASPがあります。

 

 楽天やamazonASP1社です。 

 

A8ネットは、物販のASPとしては、

国内最大のASPです。

 

 ここにアフィリエイターとして登録して、

ブログサイトを量産して稼いで居る方も大勢おられます。

 

つい最近の成果報酬ベスト3の実績ですって。

a801 

いずれも個人の方で、4年のキャリアの方もいますね。

良い刺激になるでしょう?

 

だからネットで稼ぐのは、実に様々な稼ぎ方があるのです。 

 

 問題は、継続して安定的に稼げるビジネスモデルを

どう構築するか?ということであって、

お金を稼ぐというマネタイズの仕掛け部分について

実は最大の関心を示すべきなのです。

 

 

  アドセンスというビジネスモデルは、

単価が小さいという典型的な例ですが、

一般に物品販売のマージンも、商品代金の数%であって、

決して1つの商品の実際のマージンは高い額ではありません。  

 

だからこそ、数を沢山売っていく必要があり、

ブログサイトを大量に作って、沢山の網を貼るというのが

サイトビジネスですよね。  

 

上記はその1例です。

 

それと比べれば、

情報商材は単価が高いのです。(笑) 

 

もし自分のブランデイングが確立できれば、

「稼ぎ方を教えます」で、

一人月¥10,00020名集めれば

月間20万円の固定収入が確保されます。

 

  100名集めれば、100万円ですよね。  (笑)

 

だからこそ、【教えるビジネス】は、

美味しいビジネスモデルなのです。(笑) 

 

稼ぐ為のコンテンツを売れる商材に創る

センスの良し悪しも関わってきます。 

 

家元ビジネスであり、

お賽銭ビジネスに似ていますね。(笑)

 

一度獲得した知識なり、稼ぐ為のスキルが幾ら教えても、

陳腐化することもありませんから。(笑)

 

  その代わり、教える立場に立つ以上、

それなりに稼ぐ実績を示しながらスキルにおいて、

他を圧するブランデイング力が必要です。 

 

 ご自分の目指すネットビジネスモデルの

マネタイズ部分をよく理解して、自分の学ぶべきテーマを

しっかり掌握して取り組む必要がありますね。  

 

私もそうでしたが、

メルマガアフィリが最も稼ぎやすいと言われるまま、

メルマガを懸命に配信してきました。 

 

途中からやっと霧が晴れて、

自分が取り組んでいるビジネスモデルが見えてきました。 

 

 自分の歩んできた道を教えることは、

誰にでも出来ます。  

 

稼ぐコンテンツを商材にして、

稼ぎ方を教えるビジネスこれこそが、

稼ぎやすいと言われているビジネスモデルです。  

 

これを最初から説明されていれば、

挑戦したかどうか、わかりませんが・・。(笑) 

 

 しかし、ここまで来ると、有望だと感じていますよ。 

 

しっかりと稼ぐ部分のマネタイズに関心を持って、

頑張って行きましょう。 

 

ご健闘祈ってます。

 

★□★勇気を貰える世界の名言★□★

 

 貧乏な人とは、

少ししか物を持っていない人ではなく、

無限の欲があり、いくらあっても満足しない人のことだ 

 

by ホセ・ムヒカ( コロンビア国 元大統領)

プロフィール


高知県出身、社会人として企業戦士として高度成長期を体験しました。後に、先輩と新規事業に参加、途中で仲間と独立したが、事業に失敗、現在は、農業法人を立ち上げ地域興し貢献しようと田舎で有機農業に従事しつつ、アフィリエイトに取り組んでいます。
詳しくは「プロフィール」からご覧ください。

最近の投稿