私流のメルマガ管理術


貴方には日々膨大なメルマガが着信しますよね?(笑)

 

これは無料レポートのダウンロードする際に

どうしても2つのアカウントにメルアドを登録しますよね。

 

又、これはと思われるメルマガを開けてみると、

もうあちこちにLPが仕掛けられていて、

自分のアドレスを登録するはめになります。

 

そんなこんなで、着信するメルマガは増えていくばかりです。(笑)

 

 

しかし、その全てを毎日読んでる暇はありませんから、

片方で、着信メルマガを配信中止にする作業も

進めなければ、ホルダーが満杯になってきます。

 

 

従って、メルマガを如何に短時間に効果的に管理するか

これがネットビジネスの最大の課題です。

 

余計なジャンルのメルマガは着信しては困るので、

極力配信停止の登録をします。

 

 

しかし、なかなか手がまわっていません。

 

一方では、自分のメルマガは読んで欲しい・・

これがメルマガ配信者としての欲求ですよね。(笑)

 

 

私流のメルマガ管理法を暴露致します。

 

決して効果的に管理しているとはいえません。(汗)

 

基本方針があります。

 

基本的に以下の管理方法を採用しています。

■メルマガアドレスを複数持っています。

その意味は、受信するジャンル毎にアドレスを

使い分けることで、フォルダーが分けられるからです。

 

そのためにメルアドを4つ持っています。

その他Twitter用のアドレスは、

別途40アカウント作っています。

 

しかしこれは目下休眠中です。

 

■日常の管理

その上で、以下のような管理をしています。

1・日々必ず目を通すメルマガを決めています。

  これは参考になる情報をくれると判断した

  メルマガで、今6つほどあります。

 

2・次に毎日は読まないが、

10日分ほど溜めて置いて、研究するメルマガがあります。

 

ある量をまとめて眺めていると、

1通では解らない、そのメルマガの雰囲気が分かり、

参考になるメルマガに出合います。

 

これを見つけると、日々読むジャンルに

移行することがあります。

 

3・せどりや物販系、金融系のメルマガは、

対象外にしています。

 

 

さて、メルマガのリストをチェックする時、

メルマガタイトルだけで判断をするしかなく、

中には重要な情報があるかもしれない。

 

しかし、無情にも削除することもあります。

 

 

すべてこれは「ご縁」の問題でしょうね。(笑)

 

しかし、このチェックの際に、内容の濃いもの、

薄いもの、それらを見極めるのです。

 

 

これは素晴らしい・・こんなメルマガに当れば、

即ランクアップです。

 

受信者の目で、良いメルマガ、内容の薄いメルマガ、

この区別を瞬時に仕分けていく作業は、

大変勉強になる部分でもあります。

 

 

つまり自分のメルマガが、果たして評価される内容か否か

こんなことを考えながら、メルマガのチェックをしています。

 

 自分のメルマガの内容をアップするには、

他のメルマガを見るのが一番ですよね。

 

新しい情報が来るのは、着信メルマガですから、

如何に短時間で、取捨選択をするのか、

これをやり続けるしかないですね。

 

頑張って行きましょう。

稼げるか否か?やはり商人のセンスが問われます!


稼げるか否か?やはり商人のセンスが問われます!

について持論を述べます。

 

 

ネットで大金を稼いでいる話は、

事実かどうかは別にして

頻繁に耳にしますね。(笑)

 

 

インフォトップ社のランキングを見るだけでも、

端的に確認できます。

 

 

月間¥5000すら稼げていない人が95%だという

伝説の数字は、現実にはかなり違っていて、

70%以下ではないでしょうか?

 

 

つまり30%位のメンバーは、

少なくもそこそこ稼げていると

思うのです。

 

 

 

大体において、ネットの中で稼ぐというのは、

ネットの中で顧客を集客して、

教育し、

商材を販売する

というビジネスモデルですが、

これが機能するためには、大事なポイントがあります。

 

 

 

メルマガアフィリエイトで稼ぐというビジネスモデルを

想定して説明しますと、

・稼ぐ為にメルマガ読者を集めなさい。

・その読者を集めるには無料レポートを量産しなさい。

・無料レポートをメルぞうなどに申請してメルアドを集めなさい。

・メルマガ配信スタンドに契約して、メルマガを配信しなさい。

・ブログも開設してメルマガと連動させなさい。

と言う具合に、教えられて、

この稼ぐ為の仕組みを連続して稼働させますよね。

 

 

顧客を集めるにも、

自分のめざすビジネスのジャンルをテーマに記事を書き、

メルマガにして配信し続け、

又、ブログも開設して、メルマガと連動させて運営すれば

その内メルマガ読者さんも集まってきます。

 

 

問題はここからです。

 

 

どうも最近、なかなか稼げないという声を耳にします。

 

何故、稼げないか?

 

そのポイントをお教えしましょう。

 

メルマガを配信し続けても

稼げない訳は、肝心のプロモーションをしていないからです。

 

メルマガの読者さんが5000名になった・・という風な数字は

稼げるとは限りません。

 

折角努力して、メルマガ読者さんを集めてきても、

売上を創るには、商材を提案しなくては、

売上は生まれません。

 

 

お店を作って、商品を並べていなければ、

商品は売れるはずもありません。

 

つまり、集めた読者さんに最適なオファーが成されていますか?

 

そもそも、メルマガを始める際の、

最初の覚悟を覚えていますか?

 

 

ネットビジネスで月300万円稼ぐ・・でしたよね。

 

アフィリエイトは、商材を紹介して

売上を創りますよね?

 

 

インフォトップ社のリストをみれば、

よく売れる情報商材のランキングが出ています。

 

 

では、このランキングの上位から順番に

自分のブログやメルマガに紹介して、

売上が次々に生まれてくるでしょうか?

 

 

そんな程度で売上が生まれるなら、苦労はしません。

 

では何を売れば良いのか?

 

 

今までネットビジネスに関して

ご自分で学んだ様々なスキルをリストアップして

一覧表にしたことはありますか?

 

 

おそらく詳細なリストをつくると、

少なくも50~60件、

或いは100件に及ぶかも知れませんよ。

 

 

その1つ1つを、コンテンツとしてまとめて

情報商材にできませんか?

 

 

自分が苦労して得たスキルこそ、

第3者にお伝えすれば、喜ばれるはずです。

 

 

結局、このスキルは売れそうだ・・・という感覚、

センスと言うべきでしょうか、

自分で情報商材を作って提案するプロモーションこそ、

最高の商材なのですよ。

 

 

自分で情報商材を開発する?というと、

自信がないかもしれません。

 

しかし、ご心配はいりません。

その場合には、マンツーマン・コンサルを売込むのです。

 

これこそ、商人としてのセンスと言うべきでしょうか。

 

 

メルマガをただ単に配信するだけでは、

絶対に売上は生まれません。

 

 

お店に、商品を並べないで、

売れない、売れないと言っている商店主に

なってはならないのです。

 

 

無料レポートを書き、メルぞうに申請し、

リストを集める努力をし続ければ、

その先に売上が待ってくれていると思うのは

大変な間違いです。

 

 

何となくメルマガに情報商材をオファーすることに

遠慮している方も見かけます。

 

 

とんでもありません。

 

何の為に、苦労してリストを集め、

メルマガを書き続けているんですか?

 

 

売り物になるコンテンツを見つけて

プロモーションしない限り、

売上はついてきません。

 

メルマガの読者さんこそ、

稼ぐ為の情報を探しているメンバーなのですよ。

 

 

その読者さんに、ネットビジネスの情報を提案することは

当たり前のことであり、

旬の中味の濃い情報を提供し続けてこそ、

ご自分のブランデイングも上がってきます。

 

 

ネットビジネスは商売です。

 

あなたも商人に徹することが求められています。

 

 

 

頑張って行きましょう。

ネットビジネスの潜伏期間って何のことかお分かりですか?


ちょっと角度の変わった見解を書いてみます。

 

ネットビジネスの

潜伏期間って何のことかお分かりですか?

 

一般には、病気関連で使われますよね。

 

病原菌に感染して、発病するまでの期間を

言うものと理解しています。

 

たかがメルマガアフィリエイトかと

最初は気楽に取り組んで居ました。

 

 

しかし、やればやるほど深みにはまってきます。(笑)

 

 

その深みとは、

新しいスキルが次々に増えて行くことです。

 

とにかく最初はメルマガの配信環境を整えることでした。

 

1・メルマガ配信スタンドの選択決定

 最初は解らないまま、勧められて

オレンジメールでスタートしましたが、

どうも着信率に問題があると気がついて、

今は、アスメルに切り替えました。

 

2・無料レポートの作り方・書き方

 

おかげで、無料レポートの作成過程で、

PDFファイルの意味も覚えました。

3次元画像の作り方も覚えました。

 

3・メルぞうへの申請方法とメルアドの収集

 この無料レポートの制作と申請の過程で、

URLさえ取得すれば、ネットの中でどこからでも

アクセスができる不思議さを実感しました。

 

この繰り返しの中で、ブログも必要だと

4・アメブロにアカウントを開設しました。

 

このブログを使う以上、画像処理のスキルも

覚える羽目になりました。

 

しばらくはアメブロで読者を集めることに

専念していた時期がありましたが、

 記事が削除される経験をしました。

 

 

これはやばいぞ・・と、脱アメブロを考えました。

 

 

教えられるままに

5・Wordpressに宗旨替えをしましたのは良いのですが、

しばらくは、WordPressと悪戦苦闘しました。

 

 

今日、潜伏期というテーマを選択したのは、

こうした新しいスキルというか、アプリというか、

最初に出合った時には戸惑いが多いのですが、

慣れというのは素晴らしいもので、

いつの間にか、潜伏期間を脱した頃には、

自分で使えるようになっていますね。(笑)

 

 

依然として一部なじめないのがWordPressなのですが、

まあ、これも時間の問題、潜伏期間の問題で、

いずれ見えてくるでしょう。

 

 

そして、目下

6・Youtube動画の編集のために

カムタジアスタジオというアプリと格闘しています。(笑)

 

 

これも慣れれば1日に2つや3つの動画の制作が可能です。

 

その前にPowerpointで、動画の原稿を作る作業も

慣れる必要がありますね。

 

 

そして漏らしてはいけないのは、

7・LP(ランデイングページ)を作成するスキルです。

 

Colorful(カラフル)がLP作成に最適なツールですが、

WordPressの環境が必要です。 

LPテンプレートクリエイティブパック

「Colorful(カラフル)」⇒ http://bit.ly/2hXtIHZ

 

 

こんな具合で、新しいスキルが次々に出てきて、

それらを1つ1つ消化していく中で、

自分が成長するんでしょうね。

 

 

これらの新しいスキルに出合った時、

最初は、即使いこなすことはなかなか出来ないのです。

 

 

少しずつ慣れていく、

この慣れる時間が潜伏期間なのですよ。(笑)

 

 

慣れる時間は個人差もあるでしょうが、

 私なんぞは、時間がかかる方ですね。(笑)

 

 

このようにたかが「メルマガアフィリエイト」というものの、

いざやっていく内に奥行きが深く、広がってきます。

 

 

だからこそ、後続のメンバーには、

ガイド役が必要なんでしょうね。

 

 

私のネットビジネス塾の見立ては、

高額塾は不要だと思います。

 

 

ただし、マンツーマンで、教える方も1人、

教わる方も1人で長期戦で教わるなら

高額になる可能性もあるでしょうね。

 

 

 しかし、バサッと投網で魚を獲るような手法で大勢を集める塾は

個人指導がどこまで出来るでしょうか?

 

 

だからこそ、

師匠を見つけるのが何時の時代も難しいのです。

 

こんな情報もあります。

 

そんな高額なお金を支払ってリスクをおかして学ぶより

無料の情報でお金を稼げるようになりませんか?

↓  ↓  ↓

http://impulse-ex.com/L2179/x27864/11141

 

 

頑張って行きましょう。

メルマガの読者さんに関する考察?


メルマガ読者さんに関する考察?

少し変ですかね、このタイトルは・・。

 

あなたは、メルマガ読者さんを如何にして増やすか、

日夜奮闘されていませんか?(笑)

 

いや当然です。

 

 

通常ですと、先ずは無料レポートを申請して、

メルぞうに掲示されると、わくわくしますよね。

 

 

数日間は、新しい読者さんが増えてくることを期待します。

 

 

思ったほど集まってこないと、がっかりしますか?

 

しかし、少なくも無料レポートが掲載されれば、

読者さんは増えます。

 

 

その増え方は、様々でしょうが、

やはり無料レポートの出来具合が

関係しています。

 

いや、タイトルの付け方かも知れません。(笑)

 

 

もし、読者さんの集まり具合が少ないなら、

次回にはもっと良いレポートを・・と、

奮起する材料にすれば良いのです。(笑)

 

 

とにかく、私も最初の頃には早く1000人まで・・と、

人数に拘っていました。

 

 

だから人数が増えれば嬉しいし、

何もしないと、どんどん減っていきますよね。(笑)

 

 

丁度、財布の中の現金のようなもので、

増やす努力をしない限り、現金は減るように、

メルマガ読者さんは減っていきます。(笑)

 

 

つまり、メルアドが増えるという現象は、

無料レポートのダウンロード時に

協賛するという意味で2つの別のメルマガを

選択しますよね。

 

 

従って、自分の読者さんが増えたようでも、

ダウンロードの条件で、やむなくお付き合いで登録した

方が必ず居る訳です。

 

 

その方々は、早晩離れていく可能性を秘めています。

つまり、あなたのメルマガのテーマが、

その読者さんにとって参考にならなければ、

離れていくのは、やむを得ない訳です。

 

 

だから最近は、メルマガの先頭部分に、

興味がない方は、購読停止をどうそ・・と言う具合に、

購読停止URLを貼っている方も居られますね。

 

 

人間の心理の逆手に取って、

「どうぞ、購読停止をしても結構ですよ・・」と表示することで、

逆に購読停止にしないかも・・という読みがあるかもしれません。

 

 

いずれにしても、メルマガ読者さんの絶対数は、

メルマガの記事の内容がつまらないと判断されると、

確実に減っていきますね。

 

むしろ減ったにしても、

自分の本来の狙い目の読者さんではないとすれば

何ら問題ではないのです。

 

 

従って、メルマガを配信する方とすれば、

自分の狙いとする読者層を真剣に集める想いをもって、

記事を充実させていくことが大事ですね。

 

 

いずれにしてもメルマガの読者さんは、

あなたと同じ「稼ぎたい」想いをもっている同志なのですよ。(笑)

 

 

ただ、あなたと同じで、その同志の皆さんも、

日々ネットビジネスで如何にして稼げるか、

そのノウハウを求めていることには、間違いがありません。

 

ビジネスモデルには沢山のジャンルがありますから、

せどりを目指して居る方には、

それ以外のジャンルには関心が無いはずです。

 

 

また、漁業で言うと、

近代マグロの養殖生けすに例えるならば、

その中には金になるマグロが大量に養殖されています。

 

 

自分のメルマガ読者さんも、

近未来には自分のオファーに賛同して

売上に協力してくれるターゲットになってくれるはず

そんな存在であるはずです。(笑)

 

 

だからこそ、メルマガ読者さん達には、

養殖生けすに餌を撒くように、

如何にすれば稼げるのか、そのスキルに関する情報を

惜しげも無く与え続ける必要があるんです。

 

 

メルマガ記事の文章の上手い下手の問題ではなく、

有益な情報誌であるか、どうかだと言います。

 

 

そのためには、具体的なターゲットを決めて、

その方1人に語りかけるように記事を書いていく

これが大事だと言いますね。

 

 

ご心配は要りません。

もし、ターゲットを絞ってしまうと、

そのような読者さんのみが集まるのでは?

という心配は無いのです。

 

 

ターゲットを絞るというのは、

書く記事がより具体性を帯びてくるとされていて、

そのことが読む読者さんに想いが通じるらしいのです。

 

 

まあ、メルマガは、

読んでもらうのをじっと待っているブログのような

受動的な媒体ではなく、

積極果敢に情報を届ける攻めの媒体です。

 

 

読者さんと想いを交わしながら有益な情報提供する中で

メルマガは、読者さんに共感してもらう手段として、

最強最適な媒体だとされています。

 

 

人間の書く文章は、不思議に書く人の雰囲気を現わします。

 

その意味でも、自分のメルマガになじんでくれる読者さんが、

ある程度集まってくれる領域になるには、

やはり時間がかかります。

 

じっくり育てるスタンスが必要ですね。

 

頑張って行きましょう。

もっとプロモーションについて研究すべきです!


もっとプロモーションについて研究すべきです!

こんなテーマで書いてみます。  

私は、ネットビジネスを漁業に似ていると思うのです。  

 

もちろん、「魚を獲る」ということを、

「稼ぐ」意味に解釈しての話です。

 

  釣り人口は全国に900万人居ると聞いたことがありますが、

彼らは趣味で釣りをしている訳で、

本物の漁業専従者ではありませんから、除外します。 

 

 ネットで稼ぐことを漁業に例える場合には、

本物の漁師さんの方が、

ネットビジネス従事者だと考えた方がいいでしょうね。

 

  継続して稼ぎながら、

それを生業としている漁業者の方が、

ネットビジネスに従事している我々に重なっている・・としましょう。

 

  魚は通常、海面下に居るので、

船からは魚影は見えませんから、

ネットビジネスの読者さんの顔が見えない点に似てますよね。(笑)  

 

その上で、大量の魚を漁獲するには、

魚毎に、その習性をリサーチしておくことが絶対に必要です。  

 

自分が捕獲したい魚種を絞って、

その生態系や習性を調査して、

初めて漁法を編み出すことができます。

 

  その辺も顔の見えない顧客見込み客(=メルマガ読者)を囲い込んで、

その心理を分析しながら、売上を作る駆け引きを行いますよね。 

 

 この部分が、実は一番大事な部分だろうと思うのです。

 

  時間をかけて集まってもらった読者さんが、

丸で生けすに囲い込んだ魚のように、

一網打尽に漁獲できるか、が勝負?ですよね。(笑) 

 

 実際、ネットビジネスでも、メルマガ読者さんは、

生けすに囲い込んだ魚のように、外形的にはよく似ていますよね。

 

  但し、実際の漁業と違ってネットビジネスが本質的に違う点は、

読者さんからの信頼感を得られているかどうか、

これが売上を作る上で、大きな要素になっていることです。  

 

単に抽象的にブランデイングを高める・・とか、

読者さんからの信頼残高を高くする・・とか、

こんな表現をすると、分かったような気になるのですが、

実際に、どんな表現が分かりやすいでしょうか? 

 

 その前に、あなたのメルマガが役に立つ情報が

溢れているかどうかが大事です。

 

 つまり、あなたのメルマガの記事の内容が重要で、

これがあなたへの信頼を高める要因になっています。  

 

とにかくメルマガを読んでもらう必要があるので、

テーマの設定や、ライテイングのスキルが議論になりますが、

結局は、メルマガの記事を書く時の、

あなたの「想い」が、読者さんにどう伝わるか?が勝負でしょうね。(笑) 

 

  これを1通のメルマガで勝負するのは、

少し厳しいので、何回かに分けて、起承転結の物語を作って、

読者さんに呼びかける・・・こんな場面に役立つのが、

ステップメールなのです。 

 

 実は、毎月多額の金額を稼いでいる先輩達は、

この辺が実に上手いのです。  

 

彼らは、プロモーションと言う部分を実に上手く作る

スキルを持っているんでしょうね。  

 

プロダクトローンチの理論に基づいて、

メルマガの読者さんを、幾つかのグループに分類しています。 

 

釣り竿に餌を付けて、釣り糸を海面下に垂らせば、

簡単に魚が釣れるように、

グループに分けた生けす毎に、

プロモーションを分けているとも聞きました。

 

 

それはそれとして、メルマガアフィリを企てて、

途中で挫折するケースの場合を考えましょう。

 

彼は、釣り針に餌を付けて、

海面に垂らしても一向に魚が釣れない局面において、

そこから先のプロモーションが出来ない人だと断言します。

 

 

カツヲの1本釣りの場合には、餌なんか要らないそうです。

餌無しで、カツヲの群れに竿を入れるだけで、

次々にカツヲが掛かってくるそうです。

 

 

ネットビジネスも、うまくマネタイズの部分がはまると、

簡単に稼ぐことができるケースがあるやに聞いています。

 

 

通常のステップを踏んで、無料レポートを作り、

読者さんがそこそこ集まってきた、

さて買って欲しい商材をメルマガに貼り付けた・・・

しかし、売れない、どうして?

 

 

ここであきらめているから挫折するのです。

 

 

そんなに簡単に、釣り糸を垂らして、

魚が釣れるでしょうか?

 

 

そこからが、本当のビジネスが始まるのです。

 

 

これが、メルマガ読者さんに対して、

どんなプロモーションをしていくのか?

この研究が十分かどうかです。

 

 

だからこそ、一体何を売込むのか、何で稼ぐのか、

そのイメージを持たないで

漠然とメルマガアフィリをすれば稼ぎ易いと思い込んで

やってきた方には、この先が見えていないから挫折するのです。

 

 

同じアフィリエイトでも、サイトアフィリの場合には、

物品を販売して稼ぎますよね。

 

 

情報商材をテーマに稼ぐと言うことは、

自分が学んだノウハウをコンテンツにして、

販売するか、教えることをビジネスにするかです。

 

 

最初からこの意識を持って取り組んで行くべきでしょうね。

 

 

いや、少し堅い話になりました。

しかし、これ本当のことですよ。

 

 

頑張って行きましょう。

プロフィール


高知県出身、社会人として企業戦士として高度成長期を体験しました。後に、先輩と新規事業に参加、途中で仲間と独立したが、事業に失敗、現在は、農業法人を立ち上げ地域興し貢献しようと田舎で有機農業に従事しつつ、アフィリエイトに取り組んでいます。
詳しくは「プロフィール」からご覧ください。

最近の投稿