マーケテイングって真剣に考えたことありますか?


 マーケテイングって真剣に考えたことありますか?

自分の未熟を晒すようで恥ずかしいのですが、

ある若い成功者のマーケテイング動画に啓発されました。

 

 

マーケテイングって企業人ならありふれた概念ですよね。

 

ネット業界の中でも、頻繁に耳にする言葉です。

 

「彼は、すばらしいマーケテイングをしていますね」

などと使われてもいます。

 

 

つまり見事な実績を上げた人物を指して使っています。

 

だから何となく意味は分かりますよね。

 

念のため意味を検索をしてみました。

 

<アメリカマーケテイング協会の定義>では、

 

「マーケティングとは、

顧客、依頼人、パートナー、社会全体にとって価値のある提供物を

創造・伝達・配達・交換するための活動であり、

一連の制度、そしてプロセスである。」

 

 

<日本マーケテイング協会の定義>では、

 

「マーケティングとは、

企業および他の組織がグローバルな視野に立ち、

顧客との相互理解を得ながら、

公正な競争を通じて行う市場創造のための

総合的活動である。」

 

 

どうも頭のいい人達が書いた文章でしょうか。(笑)

 

簡単に言うと・・

 

「マーケティングとは、

人を満足させる価値・サービス・商品を生み出して、

そのサービスや商品をその人のもとに届けてあげる行為」

 

こんなところでしょうか。

 

ネットの中で売上を創っていかないと稼げません。

 

そのためには、強力な営業を仕掛ける?

ではないらしいのです。

 

 

その前に、「セールス」と「マーケテイング」の意味を

考えませんか?

 

簡単に答えを書きますね。

  • セールス・・・・
営業目線で、自分(企業)の利益最優先の営業活動。

 
  • マーケテイング・・・・
顧客目線で、お客様の満足度のアップを最優先にした営業活動。

 

こんな意味だとすると、

なぜネットビジネスは、セールス流の営業姿勢ではダメなのか?

分かりますよね。

 

 

お客様の顔が見えない分、信頼感を得られるには、

自分本位の営業姿勢では通じないのです。

 

お客様の目線に立って、お客様の満足度アップこそが

ネットビジネスの基本になるのです。

 

とすれば、顔が見えないだけに、ネット内のメデイアを使って

自分のブランデイングを上げないと、物は売れないのです。

 

であるなら、メルマガの記述も、ブログの情報も、

読者さんの信頼を得られるように書いていくということですね。

 

 

その信頼感が得られてこそ、始めて内容のある情報を配信して

結果として、売上に繋がってくる、

そんな関係を構築することですね。

 

 

日々のメルマガの記事の書き方にも、内容にも、

気を配っていきましょう。

 

今日もその新しい流れの無料レポートをご紹介します。

 

この作者、無料レポートの量産スキルを身につけていますね。

 

『★保存版/再配布権付★これでもう迷わない!

あなたのビジネスが確実に動き始める!

『稼げない人』からの脱却に必携の書

【The Cunning Magazine】

~ザ カンニング マガジンvol.1

あなたのビジネスを動かそう!/byやなぎはら』

http://mailzou.com/get.php?R=97320

 

『【THEカンニングペーパー】

作業の超時短革命!★

「時は金なり」ネットビジネスに必須の

『アウトプット』を時短しよう!

作業時間を超短縮する超簡単な方法を詳しく解説〈やなぎはら〉』

http://mailzou.com/get.php?R=97444

 

『【THEカンニングペーパー】

やれば超簡単!★こうなりゃとことん目立とう!

レポート画像を3Dで作って動かしたり光らせたりする方法〈やなぎはら〉』

http://mailzou.com/get.php?R=97456  

 

頑張って行きましょう。 

 

ご健闘祈ってます。

「マーケテイングしている」って解りますか?


ビジネスの基本は「マーケテイングのセンスにある」

と言うことは、当たり前の話ですよね。

 

 

ネットビジネスは、ネットを通じて、売上を創っていくビジネス

ですから、どこで、何が求められているか、察知するセンスが

問われています。

 

 

今、このネット業界で「良いマーケテイングをしている」

という風な言い方が流行っています。

 

 

「マーケテイングしている・・」

こんな言い回しは日本語には無いと思うのですが、

いつの間にか、当たり前に使われています。

 

 

何となく意味は想像できますよね?

 

 

「彼は良いマーケテイングをしている」の意味は、

ネットで素晴らしい売上実績を上げている・・

こんな意味だと思います。

  

 今、私はメルマガアフィリエイトに挑戦していますが、

この市場は、明らかにネットビジネスを学んでいる人たちです。

 

  つまり、我々と同じ志をもつ同志たちが市場なのですよ。(笑) 

 

 同じアフィリエイトでも、

サイトアフィリエイトというビジネスモデルがありますよね。

 

  ブログサイトを沢山量産して、そこに商品の広告を貼って

アフィリエイトを仕掛けるのです。  

 

何故ならアフィリエイト単価が安いので、

量販して収入を稼ぐビジネスモデルだからです。

 

月100万円以上稼ぐには、

300とか500のサイトを量産してその上に商品を広告して、

紹介料を稼いでいくというビジネスモデルと言う風に理解しています。

 

  こちらは、ブログ(サイト)に広告を貼っても、

見てもらう為にSEO対策と言うのですが、

アクセスを挙げる対策をするわけです。 

 

 海底のイソギンチャクをイメージしてみてください。

彼らは岩にへばり付いていますから、移動できません。 

ひたすら目の前に餌がくることを待っていますよね。

 

だから沢山群落を作って餌を待っている・・

こんな感じがサイトアフィリのイメージだったのです。

 

  メルマガアフィリエイトは、

ライテイングのスキルがビジネスの成否に、

微妙に影響します。 

 

メルマガの読者も獲得しなければいけません。

同時に、自分のブランデイングもアップする必要があります。

 

 それでもメルマガの持つ攻める営業チラシの威力は強力で、

大きく稼ぐには、断然メルマガアフィリだというのが常識です。  

 

しかし、人様々で、そんな面倒くさいやり方は性に合わない

そんな人たちは、サイトアフィリに向かいますよね。

 

  そしてPPCアフィリと言って、

有料広告をつかって物品をアフィリエイトする

ビジネスモデルが生まれました。  

 

また、トレンドアフィリという手法も生まれましたね。 

 

ところが、この半年の間、新しい動きが出てきたのです。 

 

 大手の検索サイトには、ヤフー知恵袋が代表例なのですが、

このサイトには、世の中の悩み事相談の情報が詰まっています。

 

  ここに目を付けた頭の良い人間が居るのです。 

 

つまりこのサイトこそ、

マーケテイング情報の宝庫だと気がついたのです。

 

  なんと、サイトアフィリエイトの常識を破って、

わずか3つのサイトで月間100万円を稼ぐ手法を

開発したと言います。  

 

ヤフー知恵袋の      QA をのぞき見して、

記事を書くのだそうです。 

 

300~500のサイトを作るには、

生半可な努力ではありません。

 

 しかし、たった3つのサイトで月間100万円以上

を稼ぐというなら、これはすごいですよね。 

 

QAの記事を参照して、

サイトの記事を書くのだと言います。 

 

興味がある方はどうぞ!

■【再放送】【最終募集】視聴ページ
http://shanai-af.com/msp/last48/
(期間限定)

さすがの私もつい惹かれましたが、思いとどまりました。(笑)

 

両方を同時に遂行する自信が無かったのです。

 

  いずれメルマガアフィリが目途がつけば、

サイトアフィリにも挑戦するつもりです。

 

  もちろん、この3サイトで稼ぐ手法です。

 

それでも稼げるまでには半年かかるそうです。  

 

そんなこんなで、私はメルマガアフィリに専念していますが、

やはり新しい動きには、アンテナを張っておく必要がありますね。

 

良いマーケテイングを出来るように

  頑張って行きましょう。

プロフィール


高知県出身、社会人として企業戦士として高度成長期を体験しました。後に、先輩と新規事業に参加、途中で仲間と独立したが、事業に失敗、現在は、農業法人を立ち上げ地域興し貢献しようと田舎で有機農業に従事しつつ、アフィリエイトに取り組んでいます。
詳しくは「プロフィール」からご覧ください。

最近の投稿