記事の削除についての検証?



先日の記事が削除された件について、

アプリの開発側から回答がありました。

 

・・・・以下説明の一部・・・・

アメブロでの記事の非表示・削除につきましては、

アメブロの規約に触れる表現があった場合に

ペナルティとして課せられるものでございます。

 

運営会社のチェックは、

規約違反についての具体的な表現等が

公開されておりませんので、弊社としましても明確に

申し上げることは出来ません。

 

しかし、機械的な一次チェック、

人の目視による二次チェックなどがあるかと

想定しております。

 

機械的なチェックは、禁止キーワードや

アフィリエイトタグなどを検索されていると

言われておりますので、出来る限り、削除されないためには、

アメブロ側では禁止キーワードは使用しないことを

お勧めしております。

 

アメプレスの連動システムでは、

連動記事では記事本文は代替テキストとして

連動いたしますが、記事タイトルについては

テキストが存在する状態での反映となります。

 

そのため、機械的な一時チェックについては、

記事本文は代替テキストのみがチェック対象となりますが、

記事タイトルは記載されているテキストについてが

チェック対象となります。

 

寺尾様からお問い合わせをいただきました際の

該当記事を拝見致しましたところ、

一次チェックによって発生したペナルティの場合は

おそらく、記事タイトルからのペナルティが

発生しているものと推測されます。

 

 

どの表現が抵触しているかについては

弊社として明言いたしかねますが、

例えば、「無料レポート」の先には

「営利目的の有料の商品が存在する」と

運営会社に推測・判断された場合には、

ペナルティが課せられるという

可能性も考えられます。

 

 

機械的なチェックは、禁止キーワードやアフィリエイトタグ

などを検索されていると

言われておりますので、出来る限り、削除されないためには、

アメブロ側では禁止キーワードは使用しないことを

お勧めしております。

 

また、一次チェックではなく人による二次チェックの場合は、

目視により判断されますので、連動記事であっても

ペナルティを防ぐことはできません。

 

ですので、まず最初に行える対応策としては、

記事タイトル内の抵触しそうな表現を変更して

再度、記事を更新なさってみてくださいませ。

 

多くの場合は、これによりペナルティを回避なさっている

ユーザー様がほとんどでございます。

 

※再アップ後、記事の削除が続く場合は、

閲覧者の通報等により、二次チェックされ

手動でのペナルティを受けている可能性がございます。

 

・・・・・以下省略

 

アメブロのチェックは2段階あるらしい。

1・機械的にコンピュータで検索して違反を摘発する。

2・人為的に目視でチェックする。

その場合に、誰かがリークする場合があるという。

つまり、今回の削除は原因は、以下の2点と言うのです。

 

1・タイトル表示は、そのままアメブロ側に書かれるので

1次チェックにかかりやすい。

従って、今回はその可能性があるという指摘。

2・URLを貼り付けているのを誰かがアメブロにリークした?

 

しかし、タイトルは「無料レポートを作るにも戦略が要ります!」

というもので、特に違反の記述はしていないと思う。

 

事実、その翌日にURLを排除した記事を載せたが、

削除にはならなかった。

だから明らかに「URL」の有無が問題だと感じていますけどね。

今一、すっきりしない説明です。

 

しばらくURLの表示は遠慮しますが、すっきりしません。

 

 ご健闘祈ってます。

 

★□★勇気を貰える世界の名言★□★ 

 

最初から出来る人は少数派で、

「できる」と言われている人の多くは

できる人に自らを変えていったんだと思います。

ただし、その必然性は、

人それぞれ違うので自分で発見するしかない 

 

by 柳井 正(ユニクロ社長)

コメント

プロフィール


高知県出身、社会人として企業戦士として高度成長期を体験しました。後に、先輩と新規事業に参加、途中で仲間と独立したが、事業に失敗、現在は、農業法人を立ち上げ地域興し貢献しようと田舎で有機農業に従事しつつ、アフィリエイトに取り組んでいます。
詳しくは「プロフィール」からご覧ください。

最近の投稿