Youtube動画作成時に役立つPowerPoint



ネットビジネスには、

情報の作成時にはパソコン周りの

様々なスキルが役に立ちますね。 

 

 ワープロアプリも、

黎明期には【一太郎】が圧倒的に使われていた時代がありましたが、

今や、WORDが標準になりました。  (笑)

 

メルマガの記事を書いたりで、エクセルとワードには

何かと日々お世話になっています。

 

  そこへ、最近はYoutube動画がのさばってきました。(笑)

 

 人様のYoutube動画を見る側から、作る側に移動してみると、

何とPowerPointが、俄然裏方で存在感を発揮しています。

 

 

Youtube動画の制作には、幾つかジャンルがあります。

 

○いわゆる撮影した動画を編集してつくる動画

 

○複数の静止画像にキャプチャー(文字で解説する)と

 音楽を付けて編集する動画

 

○セミナー形式の講義に音楽を付けて編集する動画

 

などですが、

今、流行っているのが3番目のセミナー形式の動画です。

 

 

特に、メルマガの読者を集めるために作る「無料レポート」が、

今、音声セミナーの形になりつつあるのです。

 

 

その理由は、

◆「無料レポート」制作の時間が短時間で出来る。

◆画面操作をそのまま映像に出来るので、分かりやすい。

◆映像と音声でアピールするので、ブランデイングに格段の差が生まれる。

 

従来は、無料レポートは週1作が精一杯でしたが、

動画にすると、週2~3作が可能かも知れません。

 

そのセミナー動画を作る際にPowerPointが実に便利なのです。

 

音声で話すストーリーの要約をPowerPointで作っておいて、

話すテンポに応じて、アニメーション機能と

スライドショウ機能を動かして、語りかけて、

そのまま録音と録画をしておいて、

それに後で音楽を付ければ、動画セミナーが完成します。

 

 

話す本人の顔出しはないまま、動画セミナーが出来るのです。

 

 

具体事例を2つ紹介します。

 

○「パワーポイントの使い方とカムタイジアスタジオ」

⇒ https://youtu.be/fOmrdk9fomQ

 

○「パワーポイントを使って、LPページのヘッドコピーを作る方法」

⇒ https://youtu.be/g0IQlmUE3e8?t=12

 

とにかく、セミナー動画で話す内容を文字で記述して

レポートを作るのは、時間がかかりすぎます。

 

しかし、ビデオカメラなど使わずに、

自分の顔出しをする必要もなく、

自分のスキルを第3者に伝えるために

簡単に動画セミナーが作れる環境ができています。

 

 

1時間もの長いセミナーは必要ありません。

 

平均5~6分の動画セミナー形式で、

稼ぐ為の多くのスキルを量産すれば良いのです。

 

いや、絶対に30分以上の長い動画を作ってはいけません。

誰も最後まで見ないです。

 

沢山のコンテンツの引き出しを作っておいて、

そこに5~6分の動画セミナーを準備しておくのです。

 

しかし、

何となくyoutubeって敷居が高い感じがしますよね。(笑)

 

私もそうでした。

 

しかし、所詮は慣れですね。

 

もう、文字だけで情報発信をする時代ではないと

しみじみ感じる今日この頃です。

 

ご健闘祈ってます。

 

★□★勇気を貰える世界の名言★□★ 

 

人生の意味は

いつも後からわかる 

 

by 弘兼憲史(「黄昏流星群」)

 

コメント

プロフィール


高知県出身、社会人として企業戦士として高度成長期を体験しました。後に、先輩と新規事業に参加、途中で仲間と独立したが、事業に失敗、現在は、農業法人を立ち上げ地域興し貢献しようと田舎で有機農業に従事しつつ、アフィリエイトに取り組んでいます。
詳しくは「プロフィール」からご覧ください。

最近の投稿