WordPressで混乱するメニューの設定について



WordPressで、いざブログを開始しようとしますね。

その時、戸惑うことがあるのがメニューの設定です。

 

ブログでもホームページでもそうですが、

情報を発信する側には、当然目的があります。

 

  「自分の書く記事を読んで欲しい」思いであっても、

それなりに整理して、お伝えしたいと思うし、

ましてやビジネスでブログを立ち上げるなら、

・プロフィール

・記事

・メルマガ購読の登録

twitterfacebook

・お問い合わせ

などなど、読者さんとの接点を持ちたいメニューも

表示したくなりますよね。

 

  そこで一般には、メニューというのは、

画面の上部に横に並べるメニュー(グランドメニューとも呼ばれる)

一般的です。  

 

しかし、物理的に長さに制約があるので、

仕方なく定型的な表現になってしまいます。 

 

 ところが、WordPressが素晴らしいのは、

記事に付けたカテゴリーが、

記事を大分類、中分類、小分類という具合に、

親子関係の定義できるのです。

 

 このカテゴリーを補助メニューとして、

右サイドのカラムを使って、表示出来るので、

実に親切な提案が作れるのです。 

 

 ところで、ブログは、メルマガと本質的に違うのは、

メルマガは情報をお届けする媒体ですが、

ブログは見てもらうのを待っている広告塔です。

 

  デザインだけでなく、発信する情報を整理して、

提示しなくてはならないですよね。 

 

 その時にメニューが大きな意味を持ってきます。  

 

WordPressが素晴らしいと感じるのは、

情報全体を監理するデータベースシステムが

素晴らしいからでしょうが、

メニューがかなり自由に定義出来るのです。 

 

 例をあげます。

 

ブログの記事の1つのカテゴリーに「WordPress」と

言うものを作ったとしましょう。

 

 しかし、その細目に、

WordPressの使い方

WordPressの記事の書き方

WordPressの画像の扱い方

WordPressのメニューの設定について

言う具合に細目のカテゴリーも出てきます。 

 

その場合に、カテゴリーの分類を、

右側のカラムに下に向かって並列に並べることが出来ます。 

 

 それらの1つをクリックすると、

そのカテゴリに分類された記事にリンクして画面に表

示することが出来るのです。

 

  つまり、横軸のグランドメニューには横幅の制約があっても、

縦軸にカテゴリーが並べば、いくらでもメニューの追加が

出来るという仕掛けです。 

 

 つまり、読者さんに提示できるメニューは、

無制限に作れるという具合です。

 

  それにもう1つ、メニューで欠かせないものがあります。

 それは、プロフィールや、

私の信条だとか、

メルマガ登録や、

お問い合わせ・・などの情報は、

固定的な情報ですよね。  

 

だから、WordPressでのメニューの中には、

この固定情報を別途、先に「固定ページ」に登録しておいて、

メニュー設定の時に、固定ページとカテゴリーを併せて定義する、

そんな手順になります。 

 

 メニューの問題は、画像を上手く使って、

画面全体を画像でブロックを作って、

新しいブログを表現できる手法もあるようです。 

 

 一度定義すれば至って簡単で、

WordPressの持つ自由さが実感できて、今更ながら、

アメリカ人たちが「自由」を大事にする

その心根が感じられて、面白いです。  

 

1例として、あるブログをご紹介します。

こんなおしゃれなメニューもwordpressで作れるのです。

 

 http://echorise.jp/  

素晴らしいですよね。

 

こんな自由さは、日本の無料ブログでは無理です。(笑)

 

ご健闘祈ってます。

 

★□★勇気を貰える世界の名言★□★ 

 

だからね、

疲れたら「疲れた」って言えばいいし、

つらい時は、泣いてもいいんじゃない?

 

 by 諏訪 駆(「ひつじの涙」日高万里) 

コメント

プロフィール


高知県出身、社会人として企業戦士として高度成長期を体験しました。後に、先輩と新規事業に参加、途中で仲間と独立したが、事業に失敗、現在は、農業法人を立ち上げ地域興し貢献しようと田舎で有機農業に従事しつつ、アフィリエイトに取り組んでいます。
詳しくは「プロフィール」からご覧ください。

最近の投稿