あなたの周りには稼げるコンテンツがいっぱいですよ!



コンテンツビジネスって格好いいですよね!

 

 そもそもコンテンツっていう言葉は、

如何思われますか?

 

 百科事典でコンテンツを見てみますと・・。 

本来は、中身、内容、趣旨という意味の英単語であるが、

多くはテレビ、インターネットなどで伝達される

情報の内容」という意味で使われる。

 

日本の

コンテンツの創造、保護及び活用の促進に関する法律

(コンテンツ振興法)では、「

文字、図形、色彩、音声、動作若(も)しくは映像

若しくはこれらを組み合わせたもの」で、

「人間の創造的活動により生み出されるもののうち、

教養又は娯楽の範囲に属するもの」

と定義されている。 

 

具体的には、

文芸、写真、映画、音楽、演劇、マンガ、アニメーション、

コンピュータゲームなど、さまざまなものが含まれる。

 

かなり広い意味で捉えていますね。(笑)

 

  正にネットビジネスを学んで、

稼ぎたいと思っている我々も、

コンテンツビジネスに従事しているのです。 

 

 コンテンツの商材を自分で創って売っていく、

これがメインのビジネスモデルだと思って良いのです。

 

  「ネットで稼ぐ」には、実に様々なジャンルがあります。

 物品販売の形態でも、

せどり、輸入販売、カメラ転売、物品アフィリエイト、

などがありますし、

その他FX、アドセンス、などの分野、もあります。 

 

 要するにネットの中で、

物を動かすか、

サービスを動かすと

そこに稼げるエリアが生まれてきます。  

 

物を動かすと仕入れコストが伴います。  

自分で物を創れると、開発費を別にして、

利益率は抜群です。

 

  特にコンテンツを商材にすることが出来れば

抜群に稼げることになりますよね。  

 

もっと具体的に言えば、

「こうしたら稼げたよ」というノウハウが

商材になると言うことです。   

 

最近感心した事例を挙げます。  

 

ある人物がいます。

彼は半年をかけて、ネットビジネスの稼ぐ為の

プロセスに必要なコンテンツを集め、

動画にし、1本の無料レポートにしました。

 

 この無料レポートには、何と201本の動画セミナーが

リンクされており、そのボリュウムたるや、

他を圧倒する存在感を示していました。 

 

 その有料にしても売れるかも知れない無料レポートを

無料でメルぞうに登録し、優良レポート作品になりました。

 

  200本のコンテンツの動画は、

1つ1つは、売れないかも知れないが、

これだけ集めて、1つのビジネスレポートにすると、

その迫力はたいしたもんです。  

 

この無料レポートに6ヶ月の期間と、

努力を注入して一気にブランドを確立しました。  

 

そして幾つかの階段があるのですが、

今月、彼の収入は、すでに300万円を超えたそうです。 

 

その無料レポートを紹介します。

「メールドリーム」

http://mail-dream.com/dream/   

 

1つの戦略として、参考になりますよね。 

 

実は、彼だけではありません。 

 

ある意味でトレンドになっています。

 

 その中のキーワードは、Youtube動画です。

200本の動画と言っても、1つ1つは5~15分です。

 1つ1つは小品でも、200本集めれば、

一気にブランド力を高めてくれます。

 

  いつまでも人様の動画を見ているのではなく、

創る側に立つことが、

実は稼げるかどうかの境目なのです。 

 

いや、あなたの周辺には、稼げるコンテンツが

沢山あるのです。

 

あなたは気がついていましたか?(笑)

 

 もちろん、この方法だけではないでしょう。 

 

だが、これも素早く稼げる手法です。 

 

参考にしてみて下さい。 

 

ご健闘祈ってます。

 

★□★勇気を貰える世界の名言★□★ 

 

人生は近くで見ると悲劇だが、

遠くから見れば喜劇である。

 

 by チャールズ・チャップリン(喜劇俳優 映画監督)

コメント

プロフィール


高知県出身、社会人として企業戦士として高度成長期を体験しました。後に、先輩と新規事業に参加、途中で仲間と独立したが、事業に失敗、現在は、農業法人を立ち上げ地域興し貢献しようと田舎で有機農業に従事しつつ、アフィリエイトに取り組んでいます。
詳しくは「プロフィール」からご覧ください。

最近の投稿