読まれるメルマガを書くには?



このテーマ

読まれるメルマガを書くには?

について書くことに致します。

 

貴方は日々のメルマガのクリック率を

チェックされていますか?

 

もちろんされていますよね。(笑)

(それなら、失礼な質問でした)

 

メルマガを書くに当っては、日々苦労しながら

懸命に書いておられると思うのです。

 

だから配信のクリックをした時には、

やり遂げたという達成感がありますよね。

 

何故なら、懸命に心を込めて書いたのですから。

 

だから読者さんは、読んでくださっているものと

思い込んでいますね。

 

ただ、実際にはメルマガの読まれている率は

自分で想像したよりも、低いですよね。(笑)

 

だからと言って、おざなりに書くことにしますか?

これはとんでもないことです。(笑)

 

とにかくメッセージには、

気持ちを込めて書かないといけません。

 

具体的に気持ちを込めるとは、

◆自分の本音を伝える

◆与える(=give)の精神がある

◆礼儀正しい態度で書く

最低限この3点が必要だと言われています。

 

すこし掘り下げて解説しますね。

◆「自分の本音を伝える」とは・・

 

ご自分の飾らない言葉で、思ったこと、感じたこと

これをそのまま表現することです。

 

家族や大切な人に語りかける気持ちと言うことでしょうね。

 

従って、堅い表現は避け、、口語体を使って

大切な人に語りかけるように・・・。

 

こう書かれると、なんだか難しく感じますか?(笑)

 

こんな意識で書けば、本音が出やすいとされています。

さて、

◆「与える(=give)の精神がある」とは・・

 

これは難しくないのですが、毎回と言われると

以外に抜けてしまいますかね。

 

つまり、学校の後輩達に、自分の知識と経験を

出し惜しみ無く与えるという意味です。

 

後輩からすれば、何かと役立つ情報を惜しむこと無く

くれる先輩だと、思って貰えば良いのです。

 

 

◆「礼儀正しい態度で書く」とは、

 

当たり前な事で、親しき仲にも礼儀あり です。

 

つまり読者さんに敬意をはらうと言うことです。

何せお得意様ですから。(笑)

 

記事を書きながら「読んでくださってありがとう」と

言う気持ちをもつことですね。

 

自分で書いた記事が、どうしたら読んで貰えるか、

その意識を持ちながら毎日実践することです。

 

その思いを込めて書いていくと貴方の個性が

文章の中ににじみ出てきます。

個性的な、面白い記事になり、

次第に読んで頂ける確率が上がってきます。

 

 

最後は、売上を創るために記事を書いていること

これだけは忘れないで頑張りましょう。

 

メルマガでは、なかなか直接のご返事は貰えませんよね。

私は、ブロブにもほぼ同じ記事を書くことにしています。

 

アメブロですから、興味ある方からは「いいね」や

読者登録」などの形で反応が返ってきます。

 

それを手がかりに記事のテーマを選んでいます。

例え1件の反応でも、嬉しいもので励みになります。

 

ネットビジネス成功法則

~『もしゼロ』編~

 ■河合利宗さん

https://youtu.be/_kDhxhCiYA8

■坂本よしたかさん

https://youtu.be/qt_52VdagfA  

後編の動画をご期待ください。

コメント

プロフィール


高知県出身、社会人として企業戦士として高度成長期を体験しました。後に、先輩と新規事業に参加、途中で仲間と独立したが、事業に失敗、現在は、農業法人を立ち上げ地域興し貢献しようと田舎で有機農業に従事しつつ、アフィリエイトに取り組んでいます。
詳しくは「プロフィール」からご覧ください。

最近の投稿