ネットビジネスの難しさは見えない部分が沢山あること?



ネットビジネスの難しさは見えない部分が沢山あることだと

思いませんか?

 

 

暗中模索という時期が最初に続きますよね。(笑)

そうでない方もおられるかもしれませんが・・・?

 

 

しかし何のビジネスでも、見えない部分は必ずあります。

 

不景気になると、売上の見通しがつかないとか、

天候不順で、青果物の入荷が見通せないとか、

リアルビジネスでも、見えない部分はいっぱいあります」。

 

 

ネットビジネスでは、一番困ることは、

お客様の顔が見えない事です。

 

 

どのようにアプローチすれば良いのか、

これも最初、解らないことです。

 

 

だから、どうしても誰かにガイドしてもらった方が

時間的にも合理的だと言いますよね。

 

 

この世界では、ガイドさんを「メンター」と呼ぶそうですね。

 

誰が決めたのか解りませんが、アメリカ生まれでしょうから

調べてみたら「育成者」の意味だそうです。

 

 

私は、日本語の「師匠」かと思ったのですが・・・。

 

 

そこで、本論です。

ヘレンケラーの話を出すまでも無く、

目の不自由な方々は、

目で見えなくても、その他の五感を駆使して、

見えないものが見えてくると言われています。

 

ヘレンケラーに多大な影響を与えた日本人がいます。

塙保己一という江戸時代中期の盲人の国学者です。

日本の古典を読んでもらい、全部暗記してしまい、

それらを木版で出版した偉人です。

 

彼は目が見えないハンデキャップを完全に乗り越えたのです。

 

そんな特殊な事例を持ち出すまでも無く、

長年の訓練で「見えないものが見える」というお話しは

たくさんあります。

 

「勘」もその一つでしょうか。

 

ネットビジネスは、顧客の、あるいは読者さんの顔が見えない

ことに最初、私も戸惑いました。

 

 

またアフィリエイトで、商材を紹介して売れても、

その顧客についての情報は、一切紹介者には公開されませんから、

ますます、顧客の顔が見えないのです。

 

 

しかし、メルマガを日々配信し、

ブログ記事を書き、

Twitter や、facebook などSNSを使っていくと、

読者さんの感触が見えてくると言います。

 

こちらが見えるというより、メルマガの記事に触発されて

読者さんが離れないでいてくれると言う方が正確でしょうね。

 

ネットビジネスで稼ぎたい方、

稼ぎ方は実に様々あります。

 

稼ぐには、自分の顧客、つまりメルマガの読者さんを

少しづつ増やしていくしかありません。

 

というか、

メルマガに自分のカラーを出すことによって、

無料レポートを量産することによって、

ブログ記事を書き続けることによって、

メルマガの読者さんに集約していくことが王道です。

 

 

少なくも見えないと感じて居た部分が見えてきます。

端的にメルマガの読者さんの数は、毎日確認できますよね。

 

 

そして自分のメルマガを使って、

様々な情報を配信して

その反応が得られますよね。

 

それにはメルマガ配信後にクリック率をフォローして、

メルマガの記事に反映させる必要があります。

 

商材をオファーする度に、

月々の売上が幾らくらいでるのかとか、

このジャンルの商材は評価が良いはずとか、

そのような反応が得られてくれば、

ネットビジネスは大成功の領域に到達したと言うことですね。

 

 

この最後の部分は、少し飛躍が過ぎましたか。(笑)

 

 

いずれにしても、見えないと思われた部分が

見えてくるまで、地道な積み重ねが必要です。

 

 

 

何度も言いますが、ネットビジネスの最大の魅力は

商圏が全国に広がることです。

 

地道の積み重ねが、ある日一気に日の目を見る点が

最大の魅力です。

 

頑張って行きましょう。

コメント

プロフィール


高知県出身、社会人として企業戦士として高度成長期を体験しました。後に、先輩と新規事業に参加、途中で仲間と独立したが、事業に失敗、現在は、農業法人を立ち上げ地域興し貢献しようと田舎で有機農業に従事しつつ、アフィリエイトに取り組んでいます。
詳しくは「プロフィール」からご覧ください。

最近の投稿