守破離について、聞かれたことはありますか?



 守破離について、聞かれたことはありますか?

 

日本には、昔から古典芸能や伝統文化がありますね。

文化のみならず武道もそうです。

 

茶道、華道、剣道、柔道、合気道、空手道、などなどです。

いやこんなものではありませんね。

 

こう言えば、お分かりですよね?

 

 この中に「ネットビジネス」も

お仲間に入れてもらったのでしょうか?(笑)

 

 

それぞれの師範が、弟子にその奥義を伝えるときに、

この「守破離」の考え方を基準にして教え込むのです。

 

 

漢字文化だからこそ、簡便に「守破離」というわずか3文字に

実に奥の深い意味を込めることが出来ますね。

 

 

ネットビジネスは「商人道」とでも言えるかもしれません。

 

何かの物事を極めようと思ったときに 3つの段階を踏むことが

大事だと言われて いるのです。

 

【守】師匠の教えを守り、忠実に再現するための練習や訓練をする。

ひたすら基本の繰り返し。
【破】基本を繰り返すことで出来上がった「型」「基本」「基礎」を

自分のものにした後に、【守】を破りオリジナリティを付け加える時期。

独自の研究を重ね、自分の手法を確立していく。
【離】最終段階。 今まで鍛錬してきた【守】【破】を

完全にオリジナルへと進化させる。

独自性を発揮していく。

 

 

という意味なのです。

 

 

ということは、実際の商売も同じなのですが、

「商人道」の真髄を理解するのは難しいと同じように、

「ネットビジネス道」も成功するには難しいと言うことです。

 

 

「守」とは、基本をきちんと守ると言うことです。

 

野球でもそうですが、走攻守と言われるように、

誰がやっても基本的動作はおなじですよね。

 

 

その基本動作がいつでも完璧にできるように、

日々訓練を継続して、自分の体に基礎をたたき込みます。

 

 ネットビジネスも全く同じで、

基本形を叩き込んで「型」を作ります。

 

 

「破」とは、出来上がった基礎部分に

応用編を追加する感じでしょうか。

 

或いは、自己流部分を追加する感じですね。

 

具体的には

・自己流を試す

・自分の型を探す

・自分なりを工夫する

・セオリーに逆らう

・創意工夫 ・計画改善

 

これらは、いずれも「守」で学んだ形上に重ねていく部分です。

 

「璃」とは、「守」で学んだ型から離れて、

自分の独自性をだすことです。

 

ネット環境も推移していきます。

何時までも四角四面で、変化した環境に対応出来ないでは、

ビジネスにはなりません。

 

 

この守破璃のわずか3文字にすぎませんが、その中には、

ネットビジネスで成功するための基本姿勢についての

エッセンスが凝縮しているのです。

 

「守破璃」とは、

ネットビジネスの基礎を身につけて、

自分流を加味して加速させて、

成功にまで飛躍させなさい・・という

師匠から弟子へのメッセージなのです。

 

 

非常に哲学的ですね。(笑)

 

なにせ、日本人は掃除まで「掃除道」にする民族ですから・・。(笑)

 

とにかく「守」が、基本部分の習熟が、最も大事です。

 

この解説は、皆他のメンバーの解説と同じかもしれません。

 

私が言いたいことは、ネットビジネスは、

日本の伝統文化の習得と同じ位、難しいものなのですよ。(笑)

 

 

つまり表面的なノウハウレベルのものではない

と申し上げときます。

 

 今日の先輩の体験談は、以下の通りです。

 

■松宮義仁さんと畑岡宏光さんの対談

⇒ https://youtu.be/P3fTqqIsgiw

 

頑張って行きましょう。

コメント

プロフィール


高知県出身、社会人として企業戦士として高度成長期を体験しました。後に、先輩と新規事業に参加、途中で仲間と独立したが、事業に失敗、現在は、農業法人を立ち上げ地域興し貢献しようと田舎で有機農業に従事しつつ、アフィリエイトに取り組んでいます。
詳しくは「プロフィール」からご覧ください。

最近の投稿