やはり、アドセンスの審査は条件が変わっていました!



やはり、アドセンスの審査は条件が変わっていました!

こんな記事を見つけました。 

ここで折れては、折角のyoutubeでのアドセンスで稼ぐ企画がダメになります。 

 

その記事から引用させて貰います。 

 

2016年3月頃、Google Adsenseで大きな仕様変更があり、

アドセンスへの申込を考えていたブロガーの間で軽く悲鳴(?)があがりました。

ひと言で言えば、独自ドメイン以外のURLでは、

新規申込の審査を受け付けてもらえなくなりました。

 

 グーグルのヘルプページに、次のような記載があります。

How to enter your URL in the application – AdSense Help

When you sign up for AdSense we ask you to tell us the URL

of the primary website that you want to show ads on.

To successfully submit your AdSense application, the URL

that you provide must be a doma

 

 お申し込みを正常に送信するには、

お客様が所有するドメインを URL として入力する必要があります。

何とも独占企業の強みですね。(笑)

 

はっきりと書いてありますね。

今後は、ユーザが所有する独自ドメインでなければ、

アドンセスの審査に申し込めません。

具体的に、どのようなURLが可/不可なのかは、こちらをご覧ください。

 

有効なURLは2種類のみ。
  • example.com
  • www.example.com
  • それ以外の、次のようなURLは認められません。
  • example.com/?q=target
  • subdomain.example.com
  • subdomain.example.com/directory
  • subdomain.example.com/page.html
  • subdomain.example.com/?q=target
と言うことは、ですよ?

ほとんどの無料ブログサイトがダメである、ということです。

無論、はてなブログも含めて。

そこで、無料ブログで審査を受けようとされていた方は

次のような対応になります。

 

「グーグルアドンセスに申し込みたいけど、

独自ドメインに移したくはない」という場合は、

このような回避策が考えられます。

 
  1. 独自ドメインを取得する
  2. 独自ドメインを使い、Adsense審査用のブログを新たに作る
  3. 審査を受ける
  4. 合格したら、従来のブログに広告を貼る
 

簡単に言うと、要点は

「グーグルアドセンス審査用のブログを作ってしまおう!」

ということです。

 

Google Adsenseは、いったん審査さえ通過して、アカウントを

取得してしまえば、審査した時とは別のサイトに

広告を貼っても問題ないのです。

 

 

つまり、審査を通すためにいったん独自ドメインは使うものの、

合格したあとは、従来のURLのままアドンセンスを

利用すれば良いのです。

 

と言う具合だそうです。

 

ところが、独自ドメインで作ったブログでも審査が

パスしていないらしいのです。

1・審査に通過しやすいブログアドセンス審査用のブログ(記事)は、

ただ闇雲に書いてはいけません。 

2016年5月以降、アドセンス審査が非常に厳しくなっています。 

これまでは「日記」でも問題ありませんでしたが、現在は

“ありきたりな”日記」では難しくなっています。

 

今後は審査段階であっても、「ユーザーに有益なサイト」でないと

審査通過が難しくなっています。) 

の記述から記事についてはくみ取ってください。 

 

2・審査の前にチェックすべき項目

・2-1.コンテンツガイドライン(禁止ワード・ジャンル)

ポルノやアダルト関連、暴力、麻薬、武器など公序良俗に

反する記事はダメだと言うことです。当たり前ですよね。

・2-2.著作権

もちろん記述内容が著作権に触れることがあってはなりません。

・2-3外部リンク

審査用に提出するブログには、他の広告を貼っていないことが重要

・2-4.ギャンブル関連コンテンツ

・2-5.文字数

文字数も少ないと読者がそのブログに滞在する時間が少ないわけで、

1000文字くらいの記事を準備してください。

・2-6.記事数  ・・・ 記事数は、最低でも10記事が欲しいですね。

・2-7.更新頻度 ・・・ 10記事を一度に登録する非常識な方法はダメです。

あくまで日にちを分散させて、自然体のブログにします。

・2-8.サイト運営期間

 

大事なことは、

広告を見てくれる人がいるウェブページになっていること」。

ここに焦点を当てて考えると、

「サイト運営期間」に関しても、単純に長ければ良いという訳

ではないですし、かと言って、逆に運営期間が短いサイトはダメ、

という訳でもありません。

 

難しいですね。

この件、まだまだ研究の余地有りです。

コメント

プロフィール


高知県出身、社会人として企業戦士として高度成長期を体験しました。後に、先輩と新規事業に参加、途中で仲間と独立したが、事業に失敗、現在は、農業法人を立ち上げ地域興し貢献しようと田舎で有機農業に従事しつつ、アフィリエイトに取り組んでいます。
詳しくは「プロフィール」からご覧ください。

最近の投稿