Youtube動画の具体事例から作り方を学ぶ!



 Youtubeで稼ぐ」というテーマに興味を感じ初めてまだ数日、

『アドセンス』のハードルも越えられていませんが、

何とかなるでしょう。

 

 

Youtubeの動画を作るハードルも、思ったほどの

高くはなさそうで、ますます興味津々です。

 

その具体的的な例を出しますね。

 

1.赤ちゃんがお菓子を食べているだけの動画

赤ちゃんがボーロを食べているところを1分間の動画にしただけです。

https://www.youtube.com/watch?v=TEYK6ZUCB28

この動画で3万稼いでいるそうです。

赤ちゃんのいる家庭なら、赤ちゃんを動画にするだけで、

意外と簡単に作れますよね。

 

2.耳掃除される猫

こちらは猫が耳掃除されているだけの動画ですが

この動画1本で12万程度稼いでいるそうです。

https://www.youtube.com/watch?v=20Q1QCr6b98

ペットが家にいれば誰にでも簡単に作れかつ再生回数も

とても伸びやすいようです。

 

3.アンパンマンのおもちゃで遊んでいる2分動画

アンパンマンのおもちゃで遊んでいるところを 2分間の動画に

まとめただけですが、 800万回近い再生があります。

https://www.youtube.com/watch?v=VMSYqyJk8Zs

動画とBGMのみで顔出しも、声もありません。

この動画1本でおよそ14万円の収入です。

 

4.折り紙を折っているだけの動画で6万円

こちらは日本語と英語タイトルになっています。

つまり、外国人もターゲットにしている日本文化系動画ですね。

こんな動画でも100万回も再生されます。

https://www.youtube.com/watch?v=V0GfQpVXCE8

 

5.100年前の日本の写真を並べているだけで80万

100年以上前の日本の写真を並べてスライドにし、 BGMをつけているだけです。

古い写真なので著作権的な心配もほぼありません。

https://www.youtube.com/watch?v=1e8gZy3YF1Y

それでも1本で80万以上稼いでいます。

 

いかがでしょうか?

 

子供とか動物の写真を撮影してアップしたり、

ネットで著作権に問題の無い写真を探したりして

YouTubeにアップするだけで、1本の動画でもこれだけ

稼ぎ出すケースがあるようです。

 

もちろん、アップした動画全部が再生回数を伸ばとは限りませんが、

たくさん動画をアップすれば思いもよらず大ヒットする動画も出てきたりします。

 

Youtube動画が、これだけアクセスを集めるのは、何と言っても動画の持つ

情報の量、質の圧倒的な優位性ですね。

 

 

しかもコンテンツ(材料)は、ごく日常生活の中にあるもので良いし、

静止画をバックに、ナレーションをスクロールするだけで

動画になるのですね。

 

 

つまり、ネット動画は世界で見られていますから、

子供や動物がテーマなら、万国共通で、言語は不要です。

 

何となく、動画が身近に感じてきましたよね。(笑)

 

とにかく慣れではないでしょうか。

 

次回には、動画で稼ぐについてのリスクを考えます。

 

コメント

プロフィール


高知県出身、社会人として企業戦士として高度成長期を体験しました。後に、先輩と新規事業に参加、途中で仲間と独立したが、事業に失敗、現在は、農業法人を立ち上げ地域興し貢献しようと田舎で有機農業に従事しつつ、アフィリエイトに取り組んでいます。
詳しくは「プロフィール」からご覧ください。

最近の投稿