メルマガ配信で最大の注意事項?



貴方は、メルマガを配信されて、恐らく大分慣れましたか?

 

メルマガの基本については、学ばれたでしょうから、

重複のないように、大事なポイントに触れますね。

 

ブログも開設されて居られますか?

 

メルマガとブログは、情報通信媒体としては、

相反する性質を持っていますよね。

 

 

メルマガが、アドレスさえ集めれば、大量配信が可能ですから、

営業ツールとしては、すごいパワーを持っています。

 

 

一方、ブログは、看板を掲げて、不特定多数のかた、

或いは読者さんに、読んでもらうのをじっと待っている媒体です。

 

 

だからブログでアフィリエイトを仕掛けるならば、

極力目立つように、露出度を上げる工夫が要ります。

 

 

これをSEO(サーチ・エンジン・オプチマイゼイション)対策といいますよね。

 

簡単に言えば、ヤフーやグーグルで検索した時、

上位に表示されるように仕組むことを指すようです。

 

 

今日は、そんなことよりも、ビジネスとしてのメルマガについて、

考えてみます。

 

要するに何の為にメルマガを日々配信していますか?ということです。

 

私の学んだ塾では、読者が1000人になるまで、

オファーをしないというのがルールでした。

 

しかし、そんなルールは全くの無意味だと教えられました。

考えて見れば当然のことです。

 

今、貴方には日々何通のメルマガが着信していますか?

 

その1つ1つについて、何通目のメルマガだと

チェックをしていますか?

 

そんな暇はありませんよね。

 

メルマガを毎日配信しながら、

一方で受信するメルマガも増えてきますね。

 

何故なら、無料レポートを書いて、ダウンロードする際に、

協賛アドレスに登録するからです。

 

その関係で、自分の読者さんも増えつつも、

自分に着信するメルマガも増えていきます。

 

だから日々の着信メールのチェックも大変なのです。

 

そこで、メルマガを受けとる立場からすれば、

無用なメルマガは一切必要が無いと言うのが本音ですが、

同時に、何か良い情報は無いだろうか?というのも本音です。

 

 

従って、配信してくる相手の方が、初心者であろうが、

経験者であろうが、要するに遠慮は要らないのであって、

要するに、読者さんにとって良い情報を届けるかどうか

これが大事なのです。

 

 

だから、自分が初心者であれ、何かを売込む「オファー」について、

何の遠慮は要らないのです。

 

この「遠慮」が意外に多くのメルマガアフィリエイターの頭に

観念的に残っていますね。

 

まず、この固定観念は不要だと思って良いです。

 

今日は、もう1つの固定観念について書きます。

 

人情として、懸命に文章を書きますから、

読者さんは全部読んでくれていると思いたい気持ちは分かりますが、

悲しいかな、実態はほとんど読まれていません。(笑)

 

 

最初は、クリック率が1%を切ることが多いはずです。

 

自分のメルマガは読まれているはず・・という思い込み

これが、実は間違っているのです。(笑)

 

だから、客観的に、クールに、日々何%のクリック率かを

計測してください。

 

どのメルマガスタンドを使うかによって、

測定する手法が変わるかもしれません。

 

そのクリック率の%を参考にしながら、記事を工夫する努力が、

実は、読者さんの信頼を集める手順なのです。

 

そのかすかな反応を感じながら、メルマガの記事の「内容を

工夫することが、大事な仕事になります。

 

メルマガをワンウェイ(一方通行)メデイアと考えてはいけません。

あくまでツーウェイ(双方向)メデイアだと考えて、

読者さんの反応を感じながら、書き続けていくのがメルマガです。

 

 

そのためには、

○タイトルの書き方

○ヘッダーの注目度

○最後まで読ませる構成の工夫

などなど、メルマガの書き方に留意が必要です。

 

どうですか?

奥が深いでしょう?(笑)

 

この1つ1つの努力の継続が売上を呼び込んでくれるのです。

 

この工夫の材料こそ、日々着信してくるメルマガが絶好の素材です。

 

その辺も踏まえて、頑張っていきましょう。

コメント

プロフィール


高知県出身、社会人として企業戦士として高度成長期を体験しました。後に、先輩と新規事業に参加、途中で仲間と独立したが、事業に失敗、現在は、農業法人を立ち上げ地域興し貢献しようと田舎で有機農業に従事しつつ、アフィリエイトに取り組んでいます。
詳しくは「プロフィール」からご覧ください。

最近の投稿