「将来性なし」 ユニクロ柳井氏の強烈な一言で、息を吹き返したメガネの「JINS」



こんな記事がありました。

「将来性なし」 ユニクロ柳井氏の強烈な一言で、息を吹き返したメガネの「JINS」
 信用金庫を辞めた田中仁氏は1987年、
24歳で「ジンプロダクツ」を立ち上げる。


有限会社「ジェイアイエヌ」を設立したのはその翌年。
時に在庫の山を抱え、資金繰りにも苦しみながら、
やがて「メガネ」という商材と巡り合う。

 

低価格で高品質を武器にジェイアイエヌは順調に成長し

上場もしたが、
直後の2008年、存続の危機にも瀕(ひん)する。

 

 

 << 「大晦日にカネをせびりに来たのか」

の一言で起業決断

  ビジネスを始めてからはこれがあったから
一気に変わったということはあまりなくて、
小さな壁を一つずつ超えてきたような感じです。


大きな受注がキャンセルになった、
じゃあ、どうしようか。

従業員が辞めた、どうしてなんだろうか、
と問題が起きるたびに考えて、対処してきました。

 

 

  そんななかでも大きな出来事は何かと言えば、
やはり、ファーストリテイリングの
柳井正会長兼社長との出会いだったと思います。

新業態としてオープンした店がうまく行かず、
最終赤字に転落した08年。

秋には追い打ちをかけるようにリーマン・ショックも起こり、
会社はかつてないピンチに陥っていました。

  経営方針を決められずに迷っていたちょうどその頃、
外資系証券会社のアナリストに相談すると、
こう勧められました。

「一度、柳井さんに会ってみませんか」。
無理だろうと思っていたら、翌日、「アポイントが取れました」と
連絡がありました。

 

 

  忘れもしない、12月24日の午後3時。
これという準備もしないまま、
ファーストリテイリング会長室のドアをノックしました。

 
  「どんなお仕事をされているのですか?」
  「メガネの事業をやっています」
  「御社の事業価値はなんですか?」
  「……」
  「ミッションはなんですか?」

 

柳井さんから繰り出される矢継ぎ早の質問に
うまく答えられず、言葉に詰まってしまい、
しどろもどろになりながらの説明しかできませんでした
この日、ジェイアイエヌの株価は41円にまで下がっていましたが、
それに関しても、はっきりとこう言われました。


  「この株価は御社には将来性がないと

     思われている、ということです」

  大リーガーの強打を頭にガツンとぶつけられた

くらいの衝撃を受けました。

 

  この面談は、自分にとっても、会社にとっても大きな転機となりました。

「志のない会社は、継続的に成長できない」


という柳井さんの言葉が胸に突き刺さり、
しばらく考え込みました。


 

 

■ビジョンをつくったら、「打ち手」が見えた

 それまでは、その場しのぎの商売をしていたように思います

会社というのは明確なビジョンがなければ成長できないのだと
痛感したのも、この時。


  柳井さんの言葉を受け、2009年1月、
経営陣を集めて熱海で合宿をしました。


様々なブランドや企業の理念を参考にしながら、
自分たちはどのような会社でありたいのか、
を改めて議論することにしたのです。




そうしてつくったのが、
「メガネをかけるすべての人に、

よく見える×よく魅せるメガネを、
史上最低・最適価格で、


新機能・新デザインを継続的に提供する」

というビジョンでした。

 
  ビジョンを掲げると、次の打ち手も明確に見えてきました。

 

それまでは「CMを打つ」「価格帯を変える」
などのアイデアは浮かんでも、
それらを自信を持って実行することができていなかった
ように思います。


 
ビジョンを定めたら、たとえ失敗しても納得がいくと
思えるようになりました。


確固たる背骨が打ち立てられた感じです。

  それからは株価に一喜一憂することもなくなりました。

先行投資をすれば、
どうしても目先の業績は悪くなりますが、
それもあまり気にならなくなりました。





 

将来を見据えた投資だという確信があれば、

投資家に不安視されても、
決断の背景にある理由を自信を持って言える。


  課題ですか? ひとつ挙げるとすれば「人」ですね。

海外展開をするにも、新しいビジネスを掘り起こすにも、
人材が必要不可欠です。昔から、多くの経営者が
「最後は人だ」と言っていますが、
今、本当にその通りだなと実感しています。


  数字はお客様を満足させた結果でしかありませんから、
それを目標にはしたくありません。


ビジネスは基本的に計画できるものじゃない。
私たちは「メガネの歴史を変える会社」
になりたいと思っています。


 

 

そのためには人も成長し、会社も常に変わり続ける必要があります。

 

  最近、うちのマネジャーを15人連れて、
米国のシリコンバレーに行きました。

年齢層で言えば30歳代が中心です。

「デザイン・シンキング」
(ビジネスやサービスの立ち上げにデザインの発想を持ち込み、
新たなアイデアやイノベーションを生むための方法論)


のワークショップに参加したり、
電気自動車(EV)大手のテスラモーターズで

イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)と
格闘した日本人の話を聞いたり、

現地の活気に触れることでものすごく刺激を受けて帰ってきました。

 
  海外のスピード感に触れると、
自分たちをより客観的に見ることができるようになります。


うちは日本企業の中ではそこそこスピード感のあるほうだと
自負していますが、

シリコンバレーの空気に触れたマネジャーたちは
「それでも遅い」と感じたようで、

戻ってきてからは、より効率の良い働き方を自分たちで
模索するようにもなりました。


 

 

  私自身もそうでしたけれど、結局、
人は自分で見て、聞いて、実感した時にしか変われないんです。


 

「将来性なし」 ユニクロ柳井氏の強烈な一言で、
息を吹き返したメガネの「JINS」


 

以上が記事です。

良い記事でしょう?(笑)

ネットビジネスの経営も、
「JINS」の経営も、
ユニクロの経営も
みんな経営の本質は同じだと思いませんか?


 

もし、なかなか稼げないのなら
いたずらに、テクニックに気を取られて、
経営の本質である「志」に気がついていないのではありませんか?

じっくり反省してみては如何でしょうか?(笑)

ちなみに「JINS」は、
年商406億円(2015年8月期)
従業員3,223人
の会社です。


何、1人あたりにすれば、1260万円です。

ネットビジネスでなら、軽いでしょう?(笑)

とにかく「志」次第です。

ユニクロの柳井社長、さすがですね。


たった1回の対話で、上場企業が再生したのですから。

さあ、頑張っていきましょう。


 



 

コメント

プロフィール


高知県出身、社会人として企業戦士として高度成長期を体験しました。後に、先輩と新規事業に参加、途中で仲間と独立したが、事業に失敗、現在は、農業法人を立ち上げ地域興し貢献しようと田舎で有機農業に従事しつつ、アフィリエイトに取り組んでいます。
詳しくは「プロフィール」からご覧ください。

最近の投稿