7歳の少年のサバイバルに感動しています。



7歳の少年のサバイバルに感動しています。
まだ、ご本人が入院中なので憶測の情報が
一人歩いていますね。
それしにても際どいゲーム?でした。
彼は、よくぞ無事で生き延びたものです。
このところ、家族の会話も
「まだ見つからないの?」って
何回いったことか。
結果オーライで良かったと思います。
この少年の1週間の不安な生活を思うとき、
ネットビジネスって、何と希望に満ちた
明るい事業なのかって思いませんか?(笑)
少なくも命がけの部分は少ないですよね。
何で、もっと早く見つけてあげられなかったのか、
大人の思い込みという固定観念は、
今回も邪魔をしていますね。
想定外っていうやつです。
ネットビジネスでも、同じような
誤った固定観念があると思いませんか?
全体像が見えないまま、
やみくもに前進するものの
なかなか先が見えない・・
仕方なく途中で頓挫してしまう・・
こんなことが多いですよね。(笑)
そんな時、
私は漁業を思い浮かべることに
しています。
ネットビジネスは漁業と重なる部分が多いです。
あの太平洋には、魚は無限にいることは
間違いないでしょう。
これは誰も否定しません。
しかし、釣り竿を持って海岸に釣りに行っても
その晩のおかずになる魚が捕れるとは限りません。
帰りに「魚屋」に寄って・・となるのです。
遊びならそれでもいいでしょう。
しかし、ネットで生活費を稼がねばならんのです。
「魚屋」なんぞ、ネットビジネス界にはありません。
確実に稼ぐためには、確実に稼げる
仕掛けが要るわけです。
そのためには魚種ごとに、習性をよく学んで、
いつ、どこへ行けば捕れるのか・・
そのための仕掛けはどうすればいいのか?
まさに知的産業の1つです。
多くのことを知らないと魚を継続して
捕ることは難しいですよ。
だからこそ、学ぶことが多いのです。
だからこそ、師匠が必要なのです。
先達から学ぶことが、時間の節約になりますからね。
挫折しないためにも、マインドセットが大事です。

コメント

プロフィール


高知県出身、社会人として企業戦士として高度成長期を体験しました。後に、先輩と新規事業に参加、途中で仲間と独立したが、事業に失敗、現在は、農業法人を立ち上げ地域興し貢献しようと田舎で有機農業に従事しつつ、アフィリエイトに取り組んでいます。
詳しくは「プロフィール」からご覧ください。

最近の投稿