【ステップメール講座4】・メルマガの準備



「メルマガの神髄はステップメールにあり」

このテーマで書いています。


2>メルマガ発行の準備の仕方


★あなたは一体誰にメルマガを出すの?

★メルマガのタイトルを決める!

ここまでを書きました。




今日は、この続きです。

★メルマガの構造

メルマガは以下の5つのブロックで構成されています。

【件名】を除けば、メール本体部分は4階建ての構造です。

【ヘッダー】

【本文】

【編集後記】

【フッター】

の4階建てです。




法的に決まっている訳ではありませんが、(笑)

メルマガの標準的なスタイル(構造)を示しています。




そして、各ブロックにはそれぞれの役割があります。


【ヘッダー】と【フッター】は固定ですから、

【本文】と【編集後記】が日々書く部分にあたります。




★【ヘッダー】の役割とその書き方

【ヘッダー】は、メルマガの看板であり、顔に相当します。


メルマガのメインテーマに相当するタイトルを創って、

あなたの発信する思いを表現します。



誰に発信しているのか、

何を届けようとしているのか

を表現して、決めたら固定です。




この例は、ヒントとして着信するメルマガをご覧ください。



ただ、最近は、あまりこのスタイルにかまわない

自由奔放なメルマガもありますね。



3>【件名】の役割と書き方


読者は、まず件名を見て開封するか否かを瞬時に

決めます。



ご自身が良くお判りだと思います。


だから、【件名】はメルマガの「命」なのです。


件名の表現次第で、2%の枠内に入るかどうかが

つまり、読んでもらえるかどうかが決まります。




では、読まれるにはどの様な工夫が要るのか?

着信してくるメルマガを見ていると、

実に工夫がされています。





メルマガは原則として毎日発信することが前提です。

「同じような件名を毎日書く」訳にはいきません。



注目度を高める書き方を複数、頭に入れて日替わりで、

「書き方を変えていくローテーション方式」

で対応するしかありません。



以下様々な工夫があります。



<件名の書き方の工夫例>

1)オノマトペ(擬音語や擬態語)で注意を引く!

例えば、次のような書き方です。

・ドカーンと稼げる手法

・アッと驚く圧巻の稼ぎ振り



  
2)驚きの感情を表現する言葉で相手に感情に訴える!

   ・えっ!本当?

   ・ワオー!信じられないこの稼ぎ方!



3)数字で具体性を表現して訴える!

人は数字に弱いとされています。

数字を件名に入れると信憑性がたかまるのです。

・1日5分で稼げる秘密の手法

・あと3日で閉め切ります!

・57%の人が興味を持ってくれます。



  
4)疑問形をうまく活用した文で訴える!

  人材開発のコーテイングの手法でもありますが、

  人は、「質問されると答えを探す」習性があるので、

  そこで「質問されると答えを知りたくなる」心理を



期待して疑問形でタイトルを作るのです。

 ・なぜ、あなたは稼げないのか?

 ・1ヶ月で稼げるようになる?



 
5)焦りを誘導する表現で訴える!

  人は、一般に損をすることを恐れる習性があります。


  例えば、世代毎にその心配事のテーマは異なりますが、

  40代サラリーマンになら、

  ・「今、これをやらなければ50代は窓際族」

  という文章を見ると、窓際族になってしまう不安から、

  このメルマガをクリックしますよね。

  いつもは、この手法は使えません。




6)【特典】【無料プレゼント】【動画添付】を件名に書く!

  もちろん、本文中に【特典】や【無料プレゼント】の

  入手方法の案内をしておく必要があります。



  人は、「おまけ」に弱いのです。(笑)



7)件名の中に「読者名」を入れる!

  これもよく使われる手法です。

  但し、頻繁にはつかえません。

  中には「Re.○○○  」と云うのもあります。


返信を装って読ませようという魂胆ですね。


  あたかもメールの返事が届いたようにしている訳です。




もちろん、この他にもさまざまな工夫が

日々着信するメールには施されていますね。



それらの件名リスト一覧を見ても、件名の書き方の

ヒントは得られます。


これらを参考にして、日々の件名を工夫します。

日替わりで変化しますから、

効果が期待できるのではないでしょうか。



8)着信メールの一覧から件名を見てみよう!

具体的に、あなたの着信メルマガを見てください。

教材の宝庫です。(笑)



・数字を示したタイトル・・結構多いです。

 ほとんどが数字を使って差別化を計っています。

・疑問形のタイトルもあります。

・【無料】【新着】という表示もあります。




さて、この中でどのメルマガをクリックしたいですか?

今、読む側の立場での話ですが、

この中に、あなたのメルマガが着信するのです。




ここでクリックされないと、読んでもらえないのです。

タイトルの表現が、如何に大切か、お分かりですね。

それでも件名の決め方に困った時、

以下のサイトを参考にしてみて下さい。




・ホッテントリメーカー
http://pha22.net/hotentry/
・キャッチコピー集めました
http://catchcopy.make1.jp/
・ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/
何らかのヒントがもらえると思います。


【件名】を作るのも慣れです。


大いに作って、慣れて下さい。


明日は、そのメルマガの本文のライテイングについてです。



ステップメールの説明まで、あと何回かかかります。

今日も開封して頂いてありがとうございました。

コメント

プロフィール


高知県出身、社会人として企業戦士として高度成長期を体験しました。後に、先輩と新規事業に参加、途中で仲間と独立したが、事業に失敗、現在は、農業法人を立ち上げ地域興し貢献しようと田舎で有機農業に従事しつつ、アフィリエイトに取り組んでいます。
詳しくは「プロフィール」からご覧ください。

最近の投稿