無料ブログ・アメブロ活用法



無料ブログ・アメブロ活用法について書いてみます。


ネットのビジネスでの3大要素である
「集客」
「教育」
「販売」
の中で、最も大事な「集客」についてがテーマです。



アメーバーブログは、無料ブログの中で
最も人気がありますね。



会員に芸能人の方や、プロスポーツ選手の方も
多いからでしょうか?



実はもう一つ、アメブロにはさまざまな小道具があって、
会員同士のコミュニケーションツールが沢山
備わっている点で、大人気なのです。


つまり「読者を集めやすい」、
集客ができやすいのです。



つまり、読者を獲得する小道具オプションが多いのです。


ただ、時々「愕然」とすることがあります。


そうです。


突然に記事が「削除」されることがあるからです。


まあ、これは規約を守っていないことが原因でしょう。


問題は、記事をどこまで書けば削除されないか、削除されるのか
記述する境界線がどこにあるのか、でしょうね。


私は、実はもう一つアカウントを持っています。
⇒ http://ameblo.jp/shimantoshachuu/


ビジネスとは無関係のアカウントですが、
それでも、1度、記事を2つも削除されました。



理由が分からないまま、削除されるのは、
全く不快です。(笑)



丸で中国に居るかのような感じです。



また、コメントを書いて下さった方を訪問したら、
その方の記事が不適切だとして、
アカウントに入れなかったことは何度もあります。



まあ、無料でお借りしているサイトなので、
やむを得ない部分は有りますが、乱暴すぎます。


削除されないように、気をつけてください。



私は、それが怖いので、この記事上でアフィリエイトは
絶対にしないことを前提に、このブログを始めました。


そこで、最近、アメブロ関連で新手の戦略が生れていますね。


ミラー方式の手法が生れています。


つまり、ブログをアメブロ以外に1つ、wordpressで準備します。



アメブロに記事を書いたら、自動的にもう一つのブログにも
転記すると云う訳です。


なるほど、考えたものです。(笑)



アメブロの記事が削除されても、
別途のブログに記事が残されているという訳です。


しかし、アメブロのアカウント全体を削除されたら、
もう一度、アメブロに新ブログを作り直すらしい。



そんなわけで、アメブロは、その多彩な機能を活用して
読者を集めるのに特化して使うのです。


その読者のアドレスを速やかに別のシステムに吸い上げて
アメブロのアカウントが削除されても、実害は無いという
仕掛けらしいです。



笑っちゃいますね。(笑)


まるでいたちごっこです。


いや、さすがです。


厳しいアメブロサイトのビジネス排除の姿勢を
見事にビジネスチャンスにしていますね。


2つ目のブログとは、独自ドメインを借りて
wordpressで作ったブログですから、
どこの誰からも削除される心配は無いのです。



このアプリの開発者は、それを販売することで、
見事にビジネスチャンスを広げていますね。


これからのネットビジネスに継続して取り組むには、
複数の集客ツールから、「集客して」、

そのメルアドに対して、メルマガ攻勢をかけて「教育して」、
「売上を作っていく」と云う、複合型の仕掛けが有効です。



最初から、あれもこれもと、手を出す必要はありませんが、
Facebook や、twitter などは、普段から慣れておくと、後のちに
有効に活用できますよ。



私が描いているこれからのビジネスモデルのイメージです。

Facebook

twitter

アメブロ

最低この3つは、練習して、読者、フォロワーを集めておきます。



片方で、メルマガを発行して、情報の配信体制を作っておきます。



上記で集めた顧客に、メルマガ読者になるよう誘導する
仕掛けを作るのです。


つまりこんな具合にです。


「私のメルマガ購読のご希望の方は、クリックしてください。」
http://bit.ly/1WxwRre


本当は、もっと特典をお付けして、クリックしてもらうような
LP(ランデイングページ)を準備します。(笑)



クリックしてくださった方のアドレスが、メルマガのアドレスに
追加される仕掛けです。


こんなイメージですね。


こんな具合に、ネットビジネスを深めていくと、
勉強することが沢山ありますね。(笑)


それらを1つ1つ、消化していくと人生って面白いですね。


のんびり「老いる」暇は有りませんよ。(笑)


頑張っていきましょう。

コメント

プロフィール


高知県出身、社会人として企業戦士として高度成長期を体験しました。後に、先輩と新規事業に参加、途中で仲間と独立したが、事業に失敗、現在は、農業法人を立ち上げ地域興し貢献しようと田舎で有機農業に従事しつつ、アフィリエイトに取り組んでいます。
詳しくは「プロフィール」からご覧ください。

最近の投稿