「楽して稼ぎたい」は邪道か?



こんなメールに出会いました。

↓↓↓↓↓↓

ネットビジネスに興味がある人は

「楽をして稼ぎたい」



と思っているんですが、そもそもその考え方が
ネットビジネスのビジネスモデルに合っていないのです。


ネットビジネスでは、楽をして稼げるところを
ピックアップしているため、

楽して稼げるようになるまでの
地道な苦労をする過程は決して言わない。



寝てても稼げる状態を大変な思いをして作った人が
「楽して稼ぐ」という結果だけを言っているため
「楽して稼ぎたい」人とのギャップが生まれるのです。


だから結局、膨大な作業についていけずに挫折していく。

それでいいんですか?


私は楽して稼ぐ派です。


いいじゃないですか。
大変なことは、”汗水たらしてお金を稼ぎたい人”
に任せておけば。


あなたは、「情報を知っても稼げないビジネス」
にお金を払うのではなく
「情報を知ったら100%稼げるビジネス」

にお金を使ったらいいのです。


得か損かを考えるぐらいのチンケな情報だったら
「明らかに得だ!」
と思える情報にのみ、お金を使ったらいいのです。


・・・・
途中ですが、引用はここまで・・。

この文章、かなり言い当てていますね。

確かに地道に苦労する部分があります。

ここは、よく押さえておかなければなりませんね。


稼ぐためのインフラを構築する全体像は理解したうえで、
地道な作業部分が、かなり合理化されつつあるのも事実です。


様々なツール類の開発も進んでいて、
生産性を挙げるアプリは使った方が楽になるケースが
出てきています。


後発の方が、先発組の苦労をしなくて済むという事例です。


それ以上に、完全放置型のシステムなども出てきていますね。


優れた放置型アプリに出会えれば、楽に稼ぐことが実現します。


そんなこんなで、ネットビジネス業界は、実に面白いですよ。

それだけのセンスを問われますが、やりがいがあります。


地道に苦労の部分を踏まえながらも、
楽して稼ぐ道を探すのは、邪道どころか、大いに研究すべきでしょう。


私も願わくば、楽して稼ぐ組に入りたい。
しかし、地道な苦労はいとわない。

そして、楽して稼げますよ・・という目先のプロパガンダには
引っかからない。


これでいきます。


貴方の成功を、心から祈っています。

コメント

プロフィール


高知県出身、社会人として企業戦士として高度成長期を体験しました。後に、先輩と新規事業に参加、途中で仲間と独立したが、事業に失敗、現在は、農業法人を立ち上げ地域興し貢献しようと田舎で有機農業に従事しつつ、アフィリエイトに取り組んでいます。
詳しくは「プロフィール」からご覧ください。

最近の投稿