無料オファー文の書き方にも法則がある!




無料オファー文の書き方について、
概要を書きますね。


実績のある先輩アフィリエイターが、自信をもって
勧めているポイントを紹介致します。


1・先ずはASP(アフィリエイトサービスセンター)に
登録して、オファー開始の案内をもらうことです。


このASPは、恐らくはこれまでに無意識に登録をしていた
ケースがあるように思いますが、20~30社を目途に
登録してください。


2・無料オファーの予告情報の入手

これが大事です。

募集開始の日時と募集期間、募集内容を把握することです。
募集開始までに、広告の準備を完了することが大事です。


3・広告文を準備します。

広告文は幾つか方法がありますが、メルマガの先頭に3行の
スポット広告を入れることも、意外に稼げるようです。

ここでは詳細な広告文の書き方は触れません。

4・予告

できれば、メルマガで事前に予告情報を入れておきます。
予告することが、クリック率を上げてくれます。




5・募集開始日時に合わせて、広告のメルマガを発信します。

もし、募集開始時間の前に発信すると、フライングになり、
実績が上がっても紹介料の支払いはされないのがルールです。

もし、企画の開始時間が、通常のメルマガ配信時間と
合わない場合には、号外として、その時間に合わせて配信します。


つまり、新規企画は、それをオファーするアフィリエイターが
一斉に同じ時間に広告を配信しますから、スタート時点で
かなりのクリックがされてしまいます。


のんびりと、後追いで広告を配信しても後の祭りだと云うことです。


6・無料オファーは出だしが勝負だと考えて下さい。


無料オファーで稼ぐポイントをまとめますと、
a・事前にオファーの企画を察知する能力
b・広告文のライテイングの能力
c・必ず募集開始時間に合わせて配信すること。

この3点を守りながら、月間30本ほどの案件を流していくと
おのずと稼ぐことが出来ます。


さて、私がお勧めする完全無料の塾です。

フレンドマーク塾(代表 五十嵐 友さん)です。
 ⇒ http://friendmark.biz/fm/fm10/

懇切丁寧で、かつ内容は充実しています。
とても無料塾とは思えません。

ぜひチャレンジして見てください。

本業のご健闘を祈ります。

コメント

プロフィール


高知県出身、社会人として企業戦士として高度成長期を体験しました。後に、先輩と新規事業に参加、途中で仲間と独立したが、事業に失敗、現在は、農業法人を立ち上げ地域興し貢献しようと田舎で有機農業に従事しつつ、アフィリエイトに取り組んでいます。
詳しくは「プロフィール」からご覧ください。

最近の投稿