貴方は太平洋でカツヲが釣れますか?



あなたは太平洋でカツヲを釣れますか?

 

変なタイトルだと思うでしょうね。(笑)

 

我が家は、車で20分走ると太平洋岸にでます。

 

南海トラフ地震・津波を考えれば、恐ろしい海です。

 

しかし、お隣に黒潮町があって、カツヲの1本釣りで有名な
明神水産の母港があります。

 

太平洋でカツヲが獲れることに誰も疑いを持つ人はいません。

 

しかし、あなたが、今日海岸まで行って、カツヲが釣れるでしょうか?

これは無理なのですよ。

 

カツヲは黒潮の回遊魚ですからね。

 

沿岸まで近づいてきません。

 

この質問は、いきなり月間100万円ネットで稼げますか・・という表現と
同じかもしれません。

 

あの広い太平洋で、何処に行けばカツヲを見つけられるか、
先ずは、この情報が第一のようです。

 

我々は、ネットという相手の顔が見えない世界で、売上を上げるという
大変なことをやろうとしていますよね。

 

昨年、明神水産のカツヲ漁はNHKのプロフェショナルの
仕事の流儀に出ていました。

 

カツヲを獲るのに、船に6億円、魚群探知機や海流温度の
探知装置を含めて、4000万円もの装置を積み込んで、
いるのだそうです。

 

カツヲの習性を熟知している漁労長を中心に、22名の若者が
明神丸に乗って船出して半年以上帰ってこない生活だそうです。

 

それから比べれば、ネットビジネスは楽なもんですよね。(笑)

 

何を言いたいか?ですって?
ネットの中はバーチャルの世界です。

 

顧客を集めて、教育して、売上を求めていく・・・。
ネットビジネスとは、言葉でいえば、実にシンプルなのです。

 

しかも安定して売上を確保していくには、
6億円の船は要りません。

 

しかし、漁業と同様、様々な工夫が要るということです。

 

これを単純にライテイングのスキル・・と、言ったのでは、
身も蓋もない話になってしまいそう。

 

明神丸が魚群探知機と海流温度の装置を駆使するように
ネットビジネスでは、メルマガを発信して、クリックされたかどうか、
この解析をすることが、実は唯一の顧客の反応情報であり、
大事なことなのです。

 

無料オファーにしても、ただオファーしてお終いではなく、
キャンペーン期間を把握して事前に戦略が要るのです。

 

ポイントは・・
1・先ず開始前から、予告して期待値を盛り上げること
2・募集開始と同時の時間に、自分の無料オファーを発信すること、
3・締め切りの終盤にも、告知をして意思決定を促進させること、
4・その間の中間でも、何度か表現を変えて、オファーをすること

 

そして最大の要点は、この間の読者の反応をアクセス解析から掌握し
反応が悪ければ、途中で中止の決定をすることです。

 

顔が見えない事業展開を支えるのは、唯一アクセス解析です。

 

オファーのURL単位に、アクセスを把握するインフラも必要に
なるのです。

 

しかし、この費用は明神丸の投資額からすればわずかなもの。(笑)

 

メルマガを発信したら、あとはお任せ・・では、まとまった稼ぎは
期待できますまい。

 

無料オファーのクリックが最も反応が良いのは、募集開始の日であり、
次に締め切りの日だそうです。

 

とにかくお客様の反応から目を反らせてはいけないのです。

 

そうすると、どうしてもURL単位にアクセス解析ができる
環境が欲しいですね。(笑)

 

今日は、この辺で・・

コメント

プロフィール


高知県出身、社会人として企業戦士として高度成長期を体験しました。後に、先輩と新規事業に参加、途中で仲間と独立したが、事業に失敗、現在は、農業法人を立ち上げ地域興し貢献しようと田舎で有機農業に従事しつつ、アフィリエイトに取り組んでいます。
詳しくは「プロフィール」からご覧ください。

最近の投稿