丸でネットの中は、金魚の糞の連鎖か?



丸でネットの中は、金魚の糞の連鎖か?

とは、品が無いですね。(笑)

 

誰が考えたかインターネットというものは、

情報の無限連鎖の世界のようですね。

 

http://

 

この記号さえファイル名の頭に付けておけば、

もちろんザーバーの中の話ですが、

次次に情報が無限にリンクできるようです。

 

丸でネットの中は、金魚の糞の連鎖という風景だと思いますよ。(笑)

 

今や地球全体がコンピュータのサーバーになってしまった

そんな感がありますね。

 

仮に、日本に一体幾つのサーバーがあるのか考えたことはありますか?

 

それら全てを対象にして検索しているエンジンが現に有る訳で

やってることは実にアナログ的ですよね。(笑)

 

さて、PPCアフィリの本論を続けます。

 

いよいよ販売する商品を選定して、

次に何をやるのか?と言えば、

その商品を如何に売り込むか、

の視点で広告文を作るのだそうです。

 

この時のアドバイスが面白いんですよ。

 

例えば「A」という健康食品を選んだとしましょう。

その商品のターゲットを先ず見極めるわけです。

 

例えば「20~30代女性」だとしますと、

その女性に向かって、この商品「A」が如何にお買い得か

売り込むサイトの広告文を練るのだと言います。

 

この時のサイトは、

1商品1サイトで、至ってシンプルなもの。

 

だから「サイトを作る」感覚ではなく、

販売会社のサイトからコピペで作る感じに近いです。

 

これって、まさにメルマガ記事の記述のイメージと

全く同じですよね。(笑)

 

メルマガの基本は、必ず特定の誰か、をイメージして、

その彼に向って記事を書くことが基本です。

 

もちろんこのサイトは、誰かがクリックしてくれて

購入になったとき、必ず自分の実績になるように、

仕組まれているものです。

 

このサイトができると、広告看板が出来たわけで

これを前もって登録してある「Yahooプロモーション広告」のサイトに入って

改めて自作のサイトの登録しながら、検索画面での表示を書き込みます。

 

その前に、前金で最低金額¥3000以上を

「Yahooプロモーション広告」に支払うことが必要です。

 

しかし、1クリック何円の広告料を払うのか、

については自分で登録することになっていて、

ちまみに1クリック¥20とか、¥30などと登録するのです。

 

面白いですね。

 

もちろん広告料を¥100とか高く設定することも自由で

安くすると、広告の露出頻度が少ないのかもわかりません。

 

まあ、勝手に広告料をYahooプロモーション広告に

取られるという設定ではないのがよく考えていますね。

 

クリックだけされて、広告料が高くついて、

売上は上がってこない・・こんなこともあり得るかもしれません。(笑)

 

あくまで自分の裁量で、広告料を予算として捉え、

売上の推移を見ながら広告代をマネージメントしていく、

こんな感じですね。

 

自分の書いた広告の表現の問題も関わってきますし、

事前に支払った広告代が底をついたら、

広告が表示されなくなる仕組みになっていますから

一方的に「Yahooプロモーション広告」から、

後日膨大な広告料の請求が来る心配はないようです。 (笑)

 

このスモールサイトは、

やはり時間をかけて量産しておくことが必要で、

そのストックが貯まれば、売上を生み出す資産として考えられますね。

 

良い商材をつかめれば2~3年も稼ぎ続けることができるようで、

ネットのなかの商店主の感覚で、商品のマーケテイングを続けること、

これが物販のアフィリエイトの肝ですね。

 

それでも4~5か月で30万円の売上を創れるという

目途があるとか。

 

ここからは個人の努力とセンスでしょうか?

 

ただし、一方でレンタルサーバーを準備し、

独自ドメインを契約し、サイトをドメインにアップする・・・

などの細かいスキルが伴います。

 

こうした工程を経ることで、

自然とネットのスキルが上がってきますね。

 

又、レポート致します。

 

貴方の成功を、心から祈っています。

コメント

プロフィール


高知県出身、社会人として企業戦士として高度成長期を体験しました。後に、先輩と新規事業に参加、途中で仲間と独立したが、事業に失敗、現在は、農業法人を立ち上げ地域興し貢献しようと田舎で有機農業に従事しつつ、アフィリエイトに取り組んでいます。
詳しくは「プロフィール」からご覧ください。

最近の投稿