ネットビジネスの本質が映画「天秤棒の詩」に出ています!



「ネットビジネスにはテクニックでは割り切れない精神性が必要である」というテーマで昨日は書いたのですが、ビジネスの本質を見事に教えてくれるビデオがあります。  それが「天秤棒の詩」という映画です。 実は以下の記述は、昨年ブログに紹介したものですが、この映画を見て感動したことのある方の文章を借りて説明にします。

・・・・・・・・

 

私が以前勤めていた旧外資系保険会社。

 

32歳で完全フルコミッションの世界に飛び込んだ。

 

ここでは新卒がいない。

全員転職組、しかも業界未経験者のみという

珍しい社風だった。

 

入社して最初の一ヶ月間に保険とはなんぞや!

という基本から売り方まで徹底的な研修を受ける。

 

試験を受けて二ヶ月目から販売開始なのだ。

約8年間お世話になったが、ここでの様々な出来事が

私の人生で最も視聴率が高かった(!?)時期だ。

 

今、こうしてウチ(SA)でセールスやコミュニケーションの

トレーニングや講演をしているのも、その時に

徹底的に営業現場で鍛え上げられてきたからだ。

本当に感謝している。

 

この「てんびんの詩」は、その研修期間中に初めて見た。

 

泣いた…、感動した…。(T_T)

 

あれから何度も何度も繰り返し反復して、

見るたびに泣いた…、感動した…。

 

そして久しぶりに見ちゃいましたよ~!

知る人ぞ知る名作だね…。

 

この映画は劇場でも公開していないし、

レンタルビデオ屋にも置いていないけど絶対オススメ。

 

特別にそのあらすじを紹介しよう。

 

時代背景は大正か、昭和初期だろうか。

 

小学校卒業した主人公・近藤大作、13歳。

 

学校の成績は優等賞を取るなど頭がよかったのだが、

代々商人の家ということで、進学はさせてもらえず、

卒業の翌日から

鍋蓋(なべぶた)を売るのがこの家の決まりだった。

 

これに逆らえば、後取りとして認められないのだ。

 

父から呼び出され、正座する大作。

 

「お前、明日から鍋ぶた売るんや。売ってみりゃわかる」

 

と理由もいわれない。

 

そして丁稚の格好をして天秤棒を担ぎ、

鍋蓋の行商に出かけるのだ。

 

しかし、売れない。

 

親戚にいっても、お願いしても、

取引先に行っても断られるのだ。

 

そのうち、ウソをついても、モミ手で、

お世辞を使っておべっか使って、でも売れない…。

 

「誰だって必要ないものは買わない」

「あんた、自分のために鍋蓋売ろうとしてるでしょ?」

 

学校に通っている同級生からは馬鹿にされる。

 

毎日持たされる弁当は、白米と梅干のみでおかずはない。

 

「おかず食べたかったら鍋ブタ売って、

自分の口銭で買いなさい」と母はいう。

 

それでも売れない…。

まったく売れない…。

 

落ち込んでいると以前断られた農家のオヤジとばったり会って

自分は商人に向いていないのではないか…と愚痴る。

 

「おっちゃん、農業ってしんどいんか?」

 

「しんどいのは何をやっても同じや。

でも自分の子供は商人にしたいな。

百姓はただ食うだけや。

 

商人なら自分の才覚と努力でいくらでも稼げる」

 

「おっちゃん、ありがとう!わし、がんばるで!」

と勇気づけられる。

 

そして三ヶ月後、初めて売れたシーンが感動!!!(T_T)

 

親子の愛が伝わってくる。

「商売はな、てんびんの棒と一緒や。

どっちが重くてもだめや。

売り手と買い手の心がひとつにならんとな」

 

 

「人に好かれる人になりなはれ!」

 

まるで自分ごとのように苦しかった昔を思い出す…。

 

いいなあ…。

 

営業って、セールスっていいなあ!(^<^)

 

「初心忘るべからず」だね。

 

何度見てもいい映画はいいよね。おススメです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

実は、この映画は何本か有るらしい。

実は上記の記述には、何故売れたのか、が書かれていない。

 

そのシーンを補って書くとこうなる。

 

・・・・・

ある部落を通りかかった大作は、水辺の洗い場に

水につけた数個の鍋があり、

そこには鍋蓋も数個水に浸かっていた。

 

誰も居なかったが、大作は誰かが洗うつもりで、

水につけてあった鍋蓋が、無性にかわいく映った。

 

自然に手が動いて、

鍋蓋をみんなきれいに洗ってしまったのだった。

 

そこへ近くの家のおかみさんが出てきた。

 

泥棒かと思って、大作を「何をしているんか?」

とどやしつけた。

 

驚いた大作が、謝って、事情を話した。

 

すると、そのおかみさんの大声を聞きつけて集まった

近所の御上さんたちも、事情を分かってくれて、

大作が無心に鍋蓋を洗ったことを褒めてくれた。

 

そして、奇跡が起きたのです。

 

大作の持っていた鍋蓋を、皆が買ってくれたのです。

 

鍋蓋を洗ってくれたお礼に・・・という訳でした。

 

売りたい、買ってほしい・・ではなく、

鍋蓋を洗ってあげる・・という行為で、

顧客のニーズに応えることが出来た時、

鍋蓋が売れたのでした。

 

13歳の商人の子供が、鍋蓋を売りに歩いている、

これを地元の人は皆知っていて、

決して安易に買ってあげることはしなかったのですね。

 

売れた報告を夜中までかかって家に帰りつく大作

それを心配して迎えに来る母親の気持ち、

子供を一人前にする厳しい教育の裏で、

それを支える家族愛の姿が、感動を呼んでいました。

 

近江商人は、近江地方の全員で育て上げた

商人なのでしょうね。

 

この映画には、営業の原点が描かれています。

 

いや、ネットビジネスの原点でもありますね。

 

幾らメルマガで広告を貼り付けても、その姿勢が

買って欲しい一辺倒では、売れるはずがないのです。

 

 

メルマガ読者さんの気持ちに寄り添って、

ベストの提案をした時にのみ、売れるのです。

 

一度、この映画を見て、この感動を味わってください。

 

なまじネットビジネスのハウツー物語より、 勉強になります。

まさに天秤棒のように、

売手と買手の気持ちがぴったりと一致した時、

自然に売上が生まれるのです。

 

これを「精神性」と表現するのは、

少し違うかも知れませんが、

商売の本質を見事に現わしていますよ。

 

頑張って行きましょう。

 

貴方の成功を、心から祈っています。

 

コメント

プロフィール


高知県出身、社会人として企業戦士として高度成長期を体験しました。後に、先輩と新規事業に参加、途中で仲間と独立したが、事業に失敗、現在は、農業法人を立ち上げ地域興し貢献しようと田舎で有機農業に従事しつつ、アフィリエイトに取り組んでいます。
詳しくは「プロフィール」からご覧ください。

最近の投稿