ネットで「稼ぐ」と、「稼げない」とは紙一重!



ネットで「稼ぐ」と、「稼げない」とは紙一重!

という実感を書いてみます。

 

 

何も情報商材に限りません。

サイトアフィリエイトでも、

結局は顧客のニーズを掴めた者のみが

稼いでいるというのが真実だと思うのです。

 

 

情報商材で稼ぐ・・このジャンルが一番稼ぎやすいというのが

一致した見解だと言われていますね。

 

 

しかし、メルマガアフィリエイトで稼ぐには、

商材が情報商材が最適だと教えられて、

納得していますか?

 

 

納得できる方は、

このジャンルの仕組みが解っている方です。(笑)

 

 

今一解らない方が、実は多いのです。

 

私がそうでした。

 

何かメルマガ読者さんが5000人集めれば、

何とか稼げるのでは?・・・と、甘い考えでいました。

 

 

ネットビジネスはそんな甘いものではありません。

極めて論理的なビジネスモデルです。

 

 

とにかくネットで稼ぐには、

顧客を「集客」し、

その顧客を「教育」し、

売込んで「販売」につなげるのだ、

と、散々教えられて、一応解った気になりますよね。

 

顧客とは、自分で集めたリスト(=メールアドレス)のことですから、

第一段階は、リストの集客に邁進しますね。

 

そこには秘伝のテクニックがあって、

日々書くメルマガの記事は、書くジャンルを決め、

必ず特定の誰かに向かって書くというのが鉄則です。

 

 

それは何故か?

 

文章というのは、必ず書く人の人柄が出るものです。

 

逆に、見ず知らずのメルマガのオファーに、

簡単にのって購入しますか?

 

仮に1万円の買い物でも、簡単には買ってくれません。

だからこそ、メルマガ読者さんの信頼を勝ち得る必要があるのです。

 

また、メルマガアフィリエイトの記事を書いているなら、

せどりや輸入販売のジャンルの方は、集まってきません。

 

 

だからメルマガの記事の内容は、

特定の誰かを想定することでリアリテイーがにじみ出て、

自ずと読者さんを絞り込んでいることを意味します。

 

このように、メルマガアフィリの手法で、

情報商材を扱うビジネスで稼ぐというビジネスモデルとは

実は、稼ぎ方を教えて謝礼をもらうというビジネスモデルが手軽なのです。

 

 自分でオリジナルのアプリを開発出来れば、

それも有りです。

 

このことを最初から言ってくれません。

 

 

そうです、家庭教師ビジネスだと思えば良いのです。(笑)

 

 

受験生が入試に合格して、大学生になります。

すると早速に家庭教師の仕事があります。

 

 

大学生と言うだけで、教える立場に立てるのです。

 

 

ネットビジネスも同じで、まだまだ稼ぎが少ないと言いながらも、

少なくもネットビジネスに投じてきた時間と、ノウハウ(=お金)と

経験は、可なりの部分が教える材料・コンテンツになります。

 

 

このことに気がつくか、気がつかないか、

これが「稼げる」か、「稼げない」か、の差なのですよ。(笑)

 

もう一言言うと、自分の体験から、

教わる側の気持ちとニーズが解っていますよね。

 

 

これが大事なことで、メルマガ読者さんの、

「早く稼ぎたい」気持ちにピンポイントで応える企画力、

的確なコンテンツを作り上げるセンス、

これがあれば即稼げる側に回れますよ。

 

 

とにかく教え方は、塾やマンツーマンコンサルの形で

月額1万円X6ヶ月、或いは12ヶ月の契約を20名集めれば

月収20万円x12ヶ月の契約を取ったことになります。

 

何故ならクレジットの分割決済も可能ですから。

 

 

これで240万円稼いだよ・・・とはしゃいでいる方が大勢居ます。

 

 

もちろん自分独自のレッスンを商材としてまとめる訳で、

私は決して楽に稼げるとは言いません。(笑)

 

 

いつまでも稼げないと思い込んでいる方に強く申し上げたいことは、

自分で学んできたノウハウを人のためにお役に立てませんか?

と言うことです。

 

親鳥が食事を運んでくれるツバメの子供のままでいるか、

親鳥になって、餌を運ぶ側に立つか、

この意識の差が、稼ぐか、稼げないか、の差だと思いますよ。

 

 

言い換えれば、稼ぎたい、稼ぐノウハウを学びたい、

このニーズに的確に応えていくことが出来るか否かなのですよ。

 

 

ネットで「稼ぐ」と、「稼げない」とは紙一重とは、

まさにこのことなのです。

 

自分の学んだノウハウは幾ら教えても減るものではありません。

このジャンルこそ、最高に稼げるジャンルなのです。

 

 

 

 

頑張って行きましょう。

 

こんな言葉に出合いました。

・真実は地味である
 (自分で作った格言?)

・成功する為には学歴も肩書きも不要
 ただし、【人並み以上の努力】は必要
 (糸山英太郎)

・努力が効果をあらわすまでには【時間がかかる】
 多くの人はそれまでに飽き、迷い、挫折する
 (ヘンリー・フォード)

・人生で経験した全ての逆境、トラブル、障害が、
 私をまっすぐにし、強くしてくれた
 (ウォルト・ディズニー)

コメント

プロフィール


高知県出身、社会人として企業戦士として高度成長期を体験しました。後に、先輩と新規事業に参加、途中で仲間と独立したが、事業に失敗、現在は、農業法人を立ち上げ地域興し貢献しようと田舎で有機農業に従事しつつ、アフィリエイトに取り組んでいます。
詳しくは「プロフィール」からご覧ください。

最近の投稿