メルマガの読者さんに関する考察?



メルマガ読者さんに関する考察?

少し変ですかね、このタイトルは・・。

 

あなたは、メルマガ読者さんを如何にして増やすか、

日夜奮闘されていませんか?(笑)

 

いや当然です。

 

 

通常ですと、先ずは無料レポートを申請して、

メルぞうに掲示されると、わくわくしますよね。

 

 

数日間は、新しい読者さんが増えてくることを期待します。

 

 

思ったほど集まってこないと、がっかりしますか?

 

しかし、少なくも無料レポートが掲載されれば、

読者さんは増えます。

 

 

その増え方は、様々でしょうが、

やはり無料レポートの出来具合が

関係しています。

 

いや、タイトルの付け方かも知れません。(笑)

 

 

もし、読者さんの集まり具合が少ないなら、

次回にはもっと良いレポートを・・と、

奮起する材料にすれば良いのです。(笑)

 

 

とにかく、私も最初の頃には早く1000人まで・・と、

人数に拘っていました。

 

 

だから人数が増えれば嬉しいし、

何もしないと、どんどん減っていきますよね。(笑)

 

 

丁度、財布の中の現金のようなもので、

増やす努力をしない限り、現金は減るように、

メルマガ読者さんは減っていきます。(笑)

 

 

つまり、メルアドが増えるという現象は、

無料レポートのダウンロード時に

協賛するという意味で2つの別のメルマガを

選択しますよね。

 

 

従って、自分の読者さんが増えたようでも、

ダウンロードの条件で、やむなくお付き合いで登録した

方が必ず居る訳です。

 

 

その方々は、早晩離れていく可能性を秘めています。

つまり、あなたのメルマガのテーマが、

その読者さんにとって参考にならなければ、

離れていくのは、やむを得ない訳です。

 

 

だから最近は、メルマガの先頭部分に、

興味がない方は、購読停止をどうそ・・と言う具合に、

購読停止URLを貼っている方も居られますね。

 

 

人間の心理の逆手に取って、

「どうぞ、購読停止をしても結構ですよ・・」と表示することで、

逆に購読停止にしないかも・・という読みがあるかもしれません。

 

 

いずれにしても、メルマガ読者さんの絶対数は、

メルマガの記事の内容がつまらないと判断されると、

確実に減っていきますね。

 

むしろ減ったにしても、

自分の本来の狙い目の読者さんではないとすれば

何ら問題ではないのです。

 

 

従って、メルマガを配信する方とすれば、

自分の狙いとする読者層を真剣に集める想いをもって、

記事を充実させていくことが大事ですね。

 

 

いずれにしてもメルマガの読者さんは、

あなたと同じ「稼ぎたい」想いをもっている同志なのですよ。(笑)

 

 

ただ、あなたと同じで、その同志の皆さんも、

日々ネットビジネスで如何にして稼げるか、

そのノウハウを求めていることには、間違いがありません。

 

ビジネスモデルには沢山のジャンルがありますから、

せどりを目指して居る方には、

それ以外のジャンルには関心が無いはずです。

 

 

また、漁業で言うと、

近代マグロの養殖生けすに例えるならば、

その中には金になるマグロが大量に養殖されています。

 

 

自分のメルマガ読者さんも、

近未来には自分のオファーに賛同して

売上に協力してくれるターゲットになってくれるはず

そんな存在であるはずです。(笑)

 

 

だからこそ、メルマガ読者さん達には、

養殖生けすに餌を撒くように、

如何にすれば稼げるのか、そのスキルに関する情報を

惜しげも無く与え続ける必要があるんです。

 

 

メルマガ記事の文章の上手い下手の問題ではなく、

有益な情報誌であるか、どうかだと言います。

 

 

そのためには、具体的なターゲットを決めて、

その方1人に語りかけるように記事を書いていく

これが大事だと言いますね。

 

 

ご心配は要りません。

もし、ターゲットを絞ってしまうと、

そのような読者さんのみが集まるのでは?

という心配は無いのです。

 

 

ターゲットを絞るというのは、

書く記事がより具体性を帯びてくるとされていて、

そのことが読む読者さんに想いが通じるらしいのです。

 

 

まあ、メルマガは、

読んでもらうのをじっと待っているブログのような

受動的な媒体ではなく、

積極果敢に情報を届ける攻めの媒体です。

 

 

読者さんと想いを交わしながら有益な情報提供する中で

メルマガは、読者さんに共感してもらう手段として、

最強最適な媒体だとされています。

 

 

人間の書く文章は、不思議に書く人の雰囲気を現わします。

 

その意味でも、自分のメルマガになじんでくれる読者さんが、

ある程度集まってくれる領域になるには、

やはり時間がかかります。

 

じっくり育てるスタンスが必要ですね。

 

頑張って行きましょう。

コメント

プロフィール


高知県出身、社会人として企業戦士として高度成長期を体験しました。後に、先輩と新規事業に参加、途中で仲間と独立したが、事業に失敗、現在は、農業法人を立ち上げ地域興し貢献しようと田舎で有機農業に従事しつつ、アフィリエイトに取り組んでいます。
詳しくは「プロフィール」からご覧ください。

最近の投稿