守破璃の功罪



守破璃の功罪の変なタイトルですが、

気になっていることを書きます。

 

 守破璃の意味は、すでにご存じの通りです。

 

 

闇夜に一筋の灯のような存在である「師匠」を決めたら、

とにかく「守」から始めます。

 

 

私の最初の師匠のコンサルに失敗した後に、

メルマガを学ぶべく、ある塾に弟子入した時の師匠です。

 

 

この塾で、実に懇切丁寧なカリキュラムに則って、

メルマガの基礎は教わりました。

 

 

しかし、稼ぐには至っていなかったのですが、

かなり希望が持てる位置にまで押し上げてくれたと、

感謝していました。

 

 

ところがです。

この師匠からの教えが、かなり心に刻まれていて、

当初、何の疑問もなく受け入れていたのですが、

守破璃の「守」から、「破璃」の領域に、

脱皮することの重要性を今痛感しています。

 

 

私は、元来が優等生タイプでして、師匠の後をひたすら

真面目に追いかけてきました。(笑)

 

無料レポートを作ってメルぞうに申請し、

仲間に紹介をもらい、ひたすらこれを繰り返して

読者さんを増やしてきました。

 

 

もちろん並行してメルマガを日々書き続けました。

 

そして1000人を超え、2000人を超えました。

1000人を超えたら無料オファーを・・と指導されていました。

 

つまり1000人になるまでは何のオファーもしない

いや、してはいけないと決めていました。

 

単純に「師匠」の教えの先には、必ず稼げるはず

という思い込みがありました。

 

そうです、こんな「形」だけ追い求めても

稼げるはずがなかったのです。

 

 

局面を打開するべく求めた、現在の師匠の下では

そんな枠組みなんぞ無関係に稼ぎ出している現実を見ました。

 

 

そこで初めて、最初の「師匠」の目標とすべき指標、

すなわち読者さん1000人を超えるまでは、

無慮オファーをしない・・という指標

これは何の意味もなかったと言うことです。

 

逆に、読者さんを増やすことに専念するように

という意味だったのかもしれません。

 

無料レポートを書いて申請するということは、

無料レポートを読んでくれた読者さんとの出会いを

作ってくれると言うことですよね。

 

 

私が一体何人の読者さんを集めているのかは、

個々の読者さんには無関係な情報です。

 

 

だから、仮に自分の読者さんが200名であっても、

その中に自分が提案したコンテンツに賛同する方は

少なくもゼロではない可能性があるのです。

 

 

確かに1000人集めれば、

200人よりも反応してくれる読者さんは

確率は高くなります。

 

 

読者さんの総数は、ただそれだけの意味しか無いですよね。

 

ネットビジネスは「商売」です。

顔の見えない中でご縁を結ぶビジネスです。

 

 

メルマガの読者さんが増え始めたら、遠慮無く、

自分のコンテンツを提案することが大事だと

しみじみと教えられました。

 

 

メルマガアフィリは稼ぐには最適だと、

成功した皆さんは一応におっしゃいますよね。

 

 

無料レポートの内容と、

メルマガの記事の内容から、

提案するコンテンツは、自ずと絞られます。

 

 

その読者さんに、

よいコンテンツを提案することには

何の遠慮も要らないのです。

 

 

読者数が1000人も居ないから、だとか、

そんな遠慮は全く必要ないことだと実感しました。

 

 

私のかっての師匠の「守」から、

やっと「璃」の心境になった次第です。

 

とにかく、読者さんからの信頼は絶対に必要ですから、

自分のブランデイングを高める努力は欠かせませんよ。(笑)

 

今日は、守破璃の功罪ということを申し上げました。

 

 間違った先入観は、全く不要です。 

 

頑張って行きましょう。

コメント

プロフィール


高知県出身、社会人として企業戦士として高度成長期を体験しました。後に、先輩と新規事業に参加、途中で仲間と独立したが、事業に失敗、現在は、農業法人を立ち上げ地域興し貢献しようと田舎で有機農業に従事しつつ、アフィリエイトに取り組んでいます。
詳しくは「プロフィール」からご覧ください。

最近の投稿