Youtubeをお勧めする理由は別にあるのです。



実はYoutubeをお勧めする理由は別にあるのです。

 

昨日の記事で、アドセンスに触れたのですが、

そのイメージは、何となく広告収入で毎月10万円稼ぐ?

と言う風な感じでしたね。(笑)

 

 

もちろん、その延長線の話なのですが、

Youtubeは10年前までは存在しなかった職業を

生み出しています。

 

 

そうです。

ユーチューバーという職業です。

 

このサイトを見て下さい。

https://youtu.be/R708o7d2uUg

 

日本人のユーチューバーランキングの

第1位 HIKAKIN(1億1846万4790円)

さんの動画です。

 

 

彼の紹介です。

日本のYouTuber兼ヒューマンビートボクサー

株式会社uuum執行役員。

 

2010年6月17日、YouTubeにアップロードした動画

『Super Mario Beatbox』がYouTubeにおける

日本国内月間アクセス一位記録し、同年7月19日に

アメリカ合衆国の『CBS News』のトップニュースで取り上げられた。

2013年5月、エアロスミスとヒューマンビートボックスで共演。

 

このYoutubeというのは、言うまでもなく検索エンジン大手の

「Google(グーグル)」が運営している動画配信サービスのことです。

→ https://www.youtube.com/

 

重複しますが、Youtubeでどんな事ができるのかというと、

 誰でもネット上で自由に動画を視聴したり、

投稿をするといったことが無料できるのです。

 

グーグルの成長とともに、YouTube動画の市場も

年々成長を続けており、利用者は全世界で

10億人を突破していると紹介しました。

 

(全世界で1日に40億回再生されると言われています)

 

  近年はスマートフォンの普及も手助けして、

さらにたくさんの人がYoutubeを利用するようになりました。

 

  そんな「10億人もの人が集まる場所」に対して、 

誰でも無料で、気軽に動画を投稿することができるため

Youtubeの活用には大きな可能性があると、

多くの人が注目しているわけです。

 

  考えてみると、これは凄いことだと思いませんか? 

 

世界中の人に向けて、誰でもお金をかけることなく

個人が自由に情報を発信することができるのですから!  

 

言わば、「個人がテレビ局化」してしまうといっても

決して言い過ぎではないような時代に変わってきているのです。 

 

つまり、誰でも無料で、チャンネル登録が出来ますよね。 

 

これこそ、個人のテレビ局の開局ですよ。

 

  最近ではすっかり「YouTuber(ユーチューバー)」

という言葉も浸透しましたが、

普通の一般人がYoutubeに動画を投稿して、

一躍有名になりスポンサーがついて 大きな広告収入を得る…

なんてことは5年、10年前では想像もつかなかった事ですよね。 

 

  それこそ、一般人が芸能人みたいにテレビに出演するなんて

誰でも簡単にできることではありませんし、

芸能人のように知名度のある「スター」なるなんてことは

非常に難しいものでした。

 

  自分の作った動画を放送してもらうという場合も

多額の放送費用が必要になりますし、

複雑なステップを踏まなければいけません。

 

  ですが、Youtubeを使えば無料で全国ネットに

動画を配信できてしまいますし、知名度を上げることも

テレビと比べたら不可能ではありません。

 

 工夫によっては、全世界に自分や自社の

ファンを作ることも可能です。 

 

Youtubeを使えば、テレビ局がやっているような事を

無料で出来てしまうのです。  

 

だからこそ、

多くの人が集まり視聴するYoutubeという市場に

「無料で動画を配信することができてしまう」

という環境を利用しない手はありません。 

 

   また、動画を活用するメリットとして、

文字だけでは伝わりにくい雰囲気なども

わかりやすく伝えることができます。 

 

文章や写真だけだと、イメージしにくいことも、 

動きのある映像や動画で説明をしてあげることで

すぐに情報を伝えることができるのです。

 

 PPAPこそ、その見本です。

 

 例えばホームページで商品を販売しているのであれば、

 

 文章や写真を使っての説明に加えて、

動画も合わせて活用することでよりわかりやすく

情報を伝えることができます。  

 

凝った動画でなければ、作る手間もかかりません!

 

手元にあるiPhoneで撮影して、Youtubeへアップするだけで

わかりやすく情報を伝えることが可能です。  

 

一度動画を投稿してしまえば、

あとは動画が自動で商品の説明をしてくれますし

再生回数も徐々に増えていきます。

 

  実際にそういった方法で、集客や売上アップを実現したという

企業や個人事業主の事例も沢山あります。

 

  まさに使い方次第で、お金をかけずに集客や販売に

役立てることができるため今後も注目される市場に

なることは間違いありません。  

 

 まとめると、

 現在、全世界で10億人以上もの人が利用しており

まだまだ成長中のYoutubeという市場を使って 

国、全世界の人に対して、

無料で動画配信をすることができる環境が整っていて、

 使い方次第で、誰でも大きな可能性があるということです。   

 

その可能性を知ってしまったのであれば、

ぜひとも活用してみたいと思いませんか?  

 

ネットと動画を組み合わせた活用については、

これからもますます重要視されてくる傾向にありますので 

今から学んでおいても損はないスキルだと言えるでしょう。

 

 如何ですか? 

単に、アドセンスの紹介をした昨日の記事は

あまりに狭いものでした。 

 

 英語が分からなくても、映像は世界共通の言語です。  

 

たった【猫】についてのYoutube動画を、

まとめサイトに集めただけで、

稼いでいるユーチューバーも居ます。

 

  今、そんな時代なのですね。 

 

頑張って行きましょう。 

 

ご健闘祈ってます。

コメント

プロフィール


高知県出身、社会人として企業戦士として高度成長期を体験しました。後に、先輩と新規事業に参加、途中で仲間と独立したが、事業に失敗、現在は、農業法人を立ち上げ地域興し貢献しようと田舎で有機農業に従事しつつ、アフィリエイトに取り組んでいます。
詳しくは「プロフィール」からご覧ください。

最近の投稿